色々と放置しつつ更新中。
新着記事ヘッドライン
2chnavi  R-navi-  ブーンあんてな  R★S Portalish  2ちゃんマップ  2chまとめブログリンク集  ( ^ω^)系小説:ぶんてな 麻呂アンテナ 
ショボンあんてな(´・ω・`)
2chまとめ・いろいろ 2chまとめ・VIP系

2chまとめ・ニュース系 2chまとめ以外(動画・記事紹介など)

新規2chコピペブログ  Special Thanks to 1年前のまとめブログ

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する

■( ・∀・)と白蛇のようです [白蛇・前][水魔]

( ・∀・)と白蛇のようです インデックスページ
※リンク先:くるくる川 ゚ -゚)

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 20:29:22.05 ID:W6ZPLQmW0
代理

4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 20:31:59.44 ID:TjgdaolgP
>>1だいりありがとうございます
20~10レス程度の短編連作風味です
ゆっくり投下して行こうと思います


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 20:33:16.18 ID:TjgdaolgP
[白蛇・前]




8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 20:34:23.18 ID:TjgdaolgP

 テストの採点などの仕事が重なり、すっかり遅くなってしまったので、空はとっぷりと暗くなっている。

 田舎特有のキラキラと輝く星は、薄曇りのせいで今日は見られない。

 舗装されていなければその予定もない田圃道を二人で歩いていた。

( ・∀・)「あ、」

 僕は小さな声を上げた。足元をひょろ長い白蛇が通ったからだ。

 白蛇はにゅるにゅると素早い動きで、すぐさま暗い向こう側へ消えてしまう。

 目立つ色だと言うのに、まさしく、ふっと消えてしまった。

(*゚ー゚)「どうしたの?」

 と、隣を歩く椎名先生が言う。同僚の先生で、暗くなったからこうして送っているのだった。

( ・∀・)「いえ、足元を蛇が」

 僕が言うと、椎名先生はすかさず聞き返してくる。



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 20:35:52.50 ID:TjgdaolgP
(*゚ー゚)「それは、白い蛇だった?」

 元々愛嬌のある楕円形の目がくりくりと驚いたように丸くなった。

 鬼気迫る物はないけれど、世間話よりは少し真剣な面持ちだった。

( ・∀・)「はあ、白い蛇でした。細いけれど、ひょろ長い」

(*゚ー゚)「白い蛇はよくないね。知らなかったの?」

 知らなかったの、などと言われても、田舎には僕の知らない因縁話が多すぎる。

( ・∀・)「何かよくないことがあるのですか?」

(*゚ー゚)「アオダイショウなら、問題ないんだけどね」

 それは僕にとってさらに不思議な話だ。白蛇とは元来青大将が白く変化したものに過ぎず、同じものなのでは無かったろうか。

 田舎は、難しい。僕のようにこちらに赴任して三ヶ月の人間では量ることすら容易では無い。



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 20:37:49.75 ID:TjgdaolgP

 その後も白蛇に関する話の、確信めいたものは聞けずに、三叉路に差し掛かった。

(*゚ー゚)「じゃ、私はここで」

 椎名先生は三叉路を左手に折れようとする。それ以上は、僕は送ることはできない。

 本来ならば椎名先生は、僕の家の近くに住んでいるのだが、時折こういった夜中には、彼女の家とは別方向に足を向けてしまう。

 その家は、用務員の擬古さんが住んでいる。夜目を忍んで、彼女は擬古さんの家へと帰るのだ。

 何故忍ぶのか、何故それ以上僕が送れないのか、というと、擬古さんはれっきとした既婚者であり、その奥さんは椎名先生では無いからだ。

 これは酒の席で、校長がいやらしい笑いと共に言ったことであるが、

 二十も半ばを過ぎ、まして、椎名先生のように白くて可愛らしい人ともなれば、縁談の話もひっきりなしと言うが、

 それらをすべて断っているのも、その不倫が原因であるらしい。

 擬古さんの正妻は度々夜に家を空けると言う話で、その日を狙って、椎名先生は忍ぶらしい。

( ・∀・)「ええ、それではまた、休み明けの月曜日に」



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 20:39:20.71 ID:TjgdaolgP

 僕は何も知らないふりをして、椎名先生を見送る。

 暗いあぜ道にゆっくり椎名先生が溶けていくように見える。

 都会のように街灯はないが、暴漢なども滅多に現れないから、僕はさしてその姿を心配していない。

 ただ、彼女の不貞が、いずれ厄介なことになりはしないだろうか、ということだけは少し心配した。

 ○

 僕の家は、他の家々と同じく、田んぼの真ん中に建っている。

 一階建てで、居間と台所が一つになった部屋と、寝室の六畳間、それと風呂とトイレと言う構造になっている。

 こちらに赴任してくる際、家を貸してくれると言う話を聞いた時には、老夫婦の家に下宿という形を想像していたのだけれど、

 来てみれば、一人で一軒家に住んでくれと言うことだったので、驚き半分、気苦労がなくて良かったと思ったものだ。

 おまけに家賃は学校が持ってくれると言うから、随分豪気な話。

 大学を出て、いきなり田舎の小学校に勤めることになって、少しばかり気の重い心地もしたが、意外に親切で太っ腹な人が多く、

 僕はこの三ヶ月、そこそこに快適に過ごしてきたのだが。



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 20:42:00.06 ID:TjgdaolgP

('、`*川「お帰り。モララー君」

 20半ばくらいの知らない女性が、玄関の上がり框に立って僕を迎えたので、ひどく驚いた。

 次いで、女性の声が、あまりにも当たり前だったのが、僕をさらに混乱させた。

('、`*川「ごめん、ご飯まだできてないんだ。とりあえず手を洗って」

( ・∀・)「誰ですか、あなた」

('、`*川「ペニサスだよ。忘れたの?」

 腰に手を当てて、憮然として、その女性、ペニサスさんは言った。

 忘れたも何も、僕はペニサスさんのことを知らない。

 狭い田舎村だ。住人の顔はひと月ぐらいでみんな見てしまったし、僕は人の顔を忘れる性質では無い。

 ならば以前住んでいた町の人かと言えば、そうでもないはずだ。やはり、彼女の顔にもペニサスと言う名前にも、まるで覚えがない。



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 20:44:39.82 ID:TjgdaolgP

('、`*川「ほら、早く」

 と、ペニサスさんは僕の手を取った。その時の、異様にひやりとしたペニサスさんの手。

 人間の温度とは思われなかった。おまけに、人間よりは心地よく柔らかい感触がした。

 直感的に、先ほど跨いだ白蛇だと思った。

('、`*川「今日はモララー君の好きな、筍の煮物も作ったからね」

 それは事実、僕の好きな食べ物ではあった。けれど、蛇がなぜ、僕の好物を知っているのだろうと思いながら、

 僕はぐぐっとペニサスさんに引かれて、居間へと連れていかれる。

 卓袱台には、裏返されたご飯茶碗が二つ。上座に僕のものが、下座に客用のものが置かれていた。

 炊事場にはぐつぐつと昆布の煮える甘い匂いの湯気が立っている。

 グリルからも、魚の焼けるじうじうと柔らかな音が聞こえる。

('、`*川「もうちょっとだから、うがい、ちゃんとしなさいよ」

 母親のような口調で、ペニサスさんは言った。



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 20:46:41.28 ID:TjgdaolgP

 どうしたものかと思いながら、手洗いとうがいを済ませると、卓袱台には立派な夕餉が準備されていた。

 たし巻き卵に塩鮭。ほうれん草のおひたしに、宣言通りの、筍と昆布の煮物もあった。

 ペニサスさんは客用のお茶碗の前に座り、僕を待っていた。

('、`*川「煮物、あんまり味が染みてないかも」

 そう言いながら僕が座るのを待ち、ご飯をよそおうとして、

('、`*川「ああ、先にビールにしようか。冷やしてあるんだ」

 僕の返事も待たずに、いそいそと冷蔵庫に向かい瓶ビールとグラスを二つ持ってきた。

 言われるままにビールを注がれ、ペニサスさんは手酌をし、彼女だけが、美味しそうにそれを飲んだ。

( ・∀・)「……」

 買った覚えのないビールは不気味だったが、あんまり美味しそうだったので、僕も一息に喉を鳴らして飲んだ。

 グラスが汗をかくほど冷えたビールは、頭にしんと沁み込んで、すぐさまもう一杯飲みたいと思った。



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 20:48:24.03 ID:TjgdaolgP

('、`*川「お仕事お疲れ様、まだ冷やしてあるから、どんどん飲んでいいよ」

 自分でも手酌でグラスを空けながら、ペニサスさんは言った。

 ついでに出し巻き卵にも箸を伸ばし、塩鮭をほぐしてぱくりとやった。

('、`*川「美味しいよ。モララー君も食べなさい」

 僕も出し巻き卵を一切れ皿に取り、半分に割ってみた。

 じわり、と出汁が染みて、つい口に運んでしまった。濃い味付けで、それをビールで流し込むと妙に心地が良かった。

 昆布がとろとろになっている筍の煮物は、言ったとおりあまり味が染みていなかったけれど、

 小さい頃母方の祖父母の家で食べたような、懐かしい味がした。

('、`*川「帰り、結構遅いんだね」



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 20:50:20.61 ID:TjgdaolgP

( ・∀・)「今日は、色々仕事が重なって」

('、`*川「いろいろ?」

( ・∀・)「テストの採点とか、色々」

 僕は答えるつもりはなかったのだけど、美味しい食事とビールで気がゆるんだようだった。

( ・∀・)「あなたは、何なんですか?」

('、`*川「蛇よ」

 と、ペニサスさんはあっさりと白状した。彼女も、ビールで頭がゆるんだのだろうか。

('、`*川「さっき、跨がれた白蛇。ここら辺の言い伝え、知らないの?」

 ペニサスさんは言ったが、僕は知らない。椎名先生が教えてくれれば、問題はなかったのに。

('、`*川「ここら辺の白蛇はね。跨がれたら相手にとり憑かなきゃいけないの」



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 20:52:44.72 ID:TjgdaolgP

( ・∀・)「はあ、そうですか」

 あまりに突飛な話に、僕はむしろ冷静にそれを聞いた。

( ・∀・)「え、僕、死ぬんですか?」

('、`*川「いずれは死ぬでしょうよ。そうでないと私も帰れないし」

( ・∀・)「帰るって、どこにですか?」

('、`*川「どこって、向こう側」

( ・∀・)「向こう側ってどこですか」

('、`*川「向こう側は向こう側。例えば、モララー君が瞬きをする間に現れる世界、だよ」

 漠然とした答えで、僕にはよく分からなかった。

 昔読んだ古い小説の中にそんな文句があったような気がするが、思い出せなかった。

( ・∀・)「で、僕は殺されるんですか?」



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 20:54:35.19 ID:TjgdaolgP

('、`*川「ま、しばらく、ここで厄介になるよ」

 殺すとも殺さないともつかない言葉を、ペニサスさんは返した。

 そして手酌でまた一杯グラスに注いで、その半分ほどで、瓶は空になった。

('、`*川「無くなっちゃった。モララー君はまだビール飲む? それとも、ご飯にする?」

 ○

 その後、辛い塩鮭でご飯をもそもそ食べて、満腹になったら眠くなってしまった。

 不気味なものが僕の家に入り込んでいると言うのに、体はいたって平生と変わらない。

 僕が大口を開けて欠伸をすると、それをペニサスさんが面白そうに眺めていた。

( ・∀・)「なんですか?」

('、`*川「眠そうだなあ、と思って」

( ・∀・)「眠いですよ」

 欠伸で滲んだ涙をぬぐって、僕は一つ思い出したことを聞いた。



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 20:56:25.87 ID:TjgdaolgP

( ・∀・)「最初、ペニサスさんは『覚えてないの?』って言いましたけど、あれ、何だったんですか?」

('、`*川「白い蛇を跨いだのを覚えてないかって。ここら辺の人はみんな知ってるから」

 事もなげに言って、熱いお茶を啜った。

( ・∀・)「僕は知りませんでしたよ」

('、`*川「知らないうちは、余所ものってことだよ」

 ペニサスさんは立ち上がると、わたしももう寝る、と言って、

 人とも蛇ともつかない曖昧な生き物になって、洋服箪笥と本棚の隙間にもぐりこんでしまった。

 隙間にいる女と言う怪談話があったけれど、それとは異なり、どこか滑稽で愛らしい生き物のようにも思えた。

 ペニサスさんはぴたりと隙間に入り込んで、まったく身動きを取らなくなった。

 仕方がないので、僕も寝室に布団を敷いて寝た。



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 20:58:27.98 ID:TjgdaolgP

 その晩、おかしなことがあった。寝ているはずなのに、僕に意識があったのだ。

 僕は熟睡している。変なことが起こって、頭も体も疲れきっていて、寝息すらも億劫なくらい。

 足もとの布団が幽かに捲れ、そこから何かが入ってくる。

 人間のものとは思われない、けれど蛇でもない、低温で、ひどく心地の良い柔らかさの何かが、するすると入り込んでくるのだ。

 それは僕の体の上を這いまわった。布団の熱と僕の体温がそれに移って、感触だけが残る。

 するすると執拗にそれは這い回る。時折、男性器に柔らかいものが触れて、脳天まで突き刺さるような射精感がこみ上げた。

 けれど、射精するには至らなかった。それは、じらすように射精の寸前で男性器から離れていくのだ。

 首筋から胸、下腹部、指先から足先、それは敏感な部分を撫で続けた。

 けれど、けして布団から出ようとはしなかった。姿を現そうとはしなかった。

 どの道、熟睡している僕にはそれがどんな形をしているどんなモノなのかはいつまでたっても知れないのだけど。

 布団の中で、それはいつまでも僕の官能を刺激し続けて、しかし、射精の解放感はなくて、僕はいつまでも意識だけをもだえさせていた。



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 20:59:31.98 ID:TjgdaolgP

 明け方になって、ようやくそれが出て行った。

 何だったのだろうか。こんな事が毎晩続くようでは、非常に困る。

( ・∀・)「うう……」

 7時ごろに起きだした僕は、未だ熱の冷めない体を如何にすべきか少し悩んだが、出勤まで間もなかったから、

 いきり立ったものを放って学校に行く羽目になった。

 ペニサスさんは昨晩と変わらず、洋服箪笥と本棚の隙間に納まっていた。

 これも、放っておくことにした。昨晩のことを、なんて聞けばいいか分からなかったのだ。

 ○



31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 21:01:45.59 ID:TjgdaolgP

 学校に着くと、すでに椎名先生が居て、昨日採点を終えたテスト用紙の整理をしていた。

(*゚ー゚)「おはよう」

 ニコリと、白くて可愛らしい顔を向けてくる。

 白蛇のペニサスさんは、どちらかと言えば美しい人を指す白さよりは、存在が希薄な白さなのに対して、
 
 椎名先生はまさしく美しい人の白肌であり、僕は常になくドキドキして、口の中でごにょごにょと挨拶をした。

(*゚ー゚)「どうしたの? 元気ないね」

 こういう日は、みっちり肉の詰まった姿態にも困るものだ。

 昨晩は用務員の擬古さんとどういう夜を過ごしたのだろうと、下世話な疑問も頭をかすめる。

 それらをなんとか振り切って、僕は言う。

( ・∀・)「白蛇が出ました。椎名先生と同じ年くらいの、女の人でした」

(*゚ー゚)「ああ、やっぱり白蛇だったのね」



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 21:03:40.98 ID:TjgdaolgP


 何でも無いことのように椎名先生は言って、

(*゚ー゚)「そのうち、向こうの方からいなくなるから、平気よ」

( ・∀・)「僕が死ぬまで帰れないって言ってましたけど」

(*゚ー゚)「でも、気が付いたらいなくなってるから」

( ・∀・)「本当に?」

(*゚ー゚)「たまに、本当に帰り路が分からなくなる蛇もいるみたいだけど」

 と、椎名先生は一つ、何かよくないことを思い出してしまったと言いたげなため息をついて、

(*゚ー゚)「無視していれば、出ていくから、絶対に」

 そしてテスト用紙の整理を再開したので、僕も手伝った。

 この小学校は全学年合わせて三クラスしかなく、僕と椎名先生は二人で年中クラスを見ているのだけれど、五教科の一斉テストともなれば、

 その数はなかなかのもので、出席番号順に揃っているか見直すだけで、少し骨が折れる作業である。



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 21:05:53.02 ID:TjgdaolgP

 名前を確認しながら一枚一枚テストをめくっていると、職員室の扉が開いて、僕を呼ぶ男の声が。

(,,゚Д゚)「先生、ちょっと」

 用務員の擬古さんだった。職員室では話しにくい様子で、僕を喫煙室へと連れ出す。

 こんな田舎でも嫌煙風潮は著しく、学校でもおいそれと煙草一本吸う事も出来ないのだ。

(,,゚Д゚)「朝っぱらからすいません」

( ・∀・)「いえいえ」

 擬古さんは四十がらみのがっしりとした人だが、どこか物腰の丁寧なところがある。

 子どもたちからも慕われており、ちょくちょく昼休みにサッカーに混じっているのを見かける。

(,,゚Д゚)「先生、煙草吸いましたっけ?」

 擬古さんはポケットから煙草を取り出そうとして言った。

( ・∀・)「はい。だから吸ってもらって大丈夫ですよ」



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 21:07:14.68 ID:lm6CO4PMO
なんだか凄く引き込まれる文章だ
支援



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 21:08:09.81 ID:TjgdaolgP

 擬古さんは非喫煙者の前では吸わない性質らしい。

 僕も付き合いでピースをポケットから取り出した。

 こっちに来る前はキャビンを吸っていたのだけど、こちらの煙草屋には、

 マイルドセブン、セブンスター、ピースの三種しか置いていないので、仕方なくピースを吸う羽目になっているのだった。

 擬古さんもポケットからマイルドセブンを取り出して、それに火をつけた。

(,,゚Д゚)「椎名先生から、白蛇に憑かれたって聞いたんですが」

 昨日の今日で、もうその話を聞いたと言う事は、昨晩会っていたという証拠に他ならないのだけど、

 僕はそれに気付かないふりをして答えた。

( ・∀・)「そうです。ちょっと、困ってます」



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 21:10:34.65 ID:TjgdaolgP

(,,゚Д゚)「そりゃ、困るでしょう。何せ、あいつらは勝手に居付くから」

( ・∀・)「帰ったら、ご飯を作って待っていました」

(,,゚Д゚)「それがあいつらの手なんですよ。人間に取り入ろうって、好物まで拵えて」

 流石に、地元の人間は詳しいな、と僕は感心した。

( ・∀・)「そこまでして、何がしたいんでしょうか?

(,,゚Д゚)「奴らにとっちゃ人間はたまの御馳走なんですよ。何でも食う、いぎたない奴らですが」

( ・∀・)「ということは、憑かれたら食べられちゃうんですか?」

(,,゚Д゚)「いや、命のような、何か大事なものを人間から吸うのが目的みたいです」

( ・∀・)「ああ、なるほど」

 昨晩のあれは、大事なものを吸うための準備みたいなものだったのだろう、と僕は思った。

(,,゚Д゚)「だからね、一つアドバイスしますが、先生、奴らと情を交わしちゃ、いけませんよ。

    一度情を交わしたら、奴ら取り憑いたまんま、離れようとしませんから」

 もう多分、手遅れであろうことは黙っていた。

 ○



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 21:12:55.99 ID:TjgdaolgP

 その晩、僕は校長に一杯誘われて、家には帰りたくなかったから、それにつきあった。

 村にいくつかある赤ちょうちんの店で、校長の行きつけの一軒に入った。

从'ー'从「いらっしゃいませ~」

 店主は30を少し過ぎたくらいの夫婦で、常ならば旦那が料理を作り、奥さんが接客をしているのだが、

 今日は奥さんの姿しか見えなかった。

从'ー'从「うちの人倒れちゃいまして~。お料理、簡単なものしか作れませんがよろしいですか?」

(´・ω・`)「いいよ。なんなら、柿ピーだけでもいいから。とりあえずいつもの冷や二つね」

 校長はカウンターの真ん中に陣取ると、駆け付けの一杯を飲み干した。

(´・ω・`)「ほら、君も飲みたまえよ」

( ・∀・)「いただきます」

 僕もちびりと酒を口に含む。校長の言う『いつもの』が何なのかは知らないが、随分良い日本酒だった。



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 21:14:27.89 ID:TjgdaolgP

 校長は昔、市の議員をしていた人で、その天下り先として小学校に赴任したのだが、

 来てみればひどい田舎で、天下ったことを後悔していたらしい。

 そのため、以前からここに住む人よりは、僕のように外から来た人間と飲みたがる。

 けれど、田舎の話は僕よりはずっと知っていて、白蛇の話に関しても、例外では無かった。

(´・ω・`)「白蛇ね。擬古君の奥さんもそうだよ」

( ・∀・)「奥さん? 結婚しちゃったんですか?」

(´・ω・`)「そう。擬古君の歳周りの女の人がいなかったみたいで、擬古君も悩んでたらしいから。

     田舎だからねえ。外から嫁さんをもらうのも難しくて、居付いた白蛇とくっ付いたらしい。

     でも、ここら辺じゃ珍しくもない話みたいだよ。白蛇は人間が欲しい。人間は女が欲しい。

     ほら、白蛇はみんな女だろう? 変な関係が、昔っから続いてるみたいで」

 みんな女だろう? と言われても、今初めて知ったのだけど、特に追求しないことにする。それよりも、

( ・∀・)「子どもって、生まれるんですか?」

 その方が気になった。



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 21:16:31.87 ID:TjgdaolgP

(´・ω・`)「生まれるみたいだよ? 腹から出てくるのか、卵なのかは知らないけどね。

     ただ、擬古君のところはいないみたいだねえ。だから、椎名君みたいな若い子と平気で浮気をする。

     いや、違うかな。蛇よりも人間の方が良かったって事かな。ねえ、君はどう思う?」

 その問いには答えられなかった。僕が黙っていると、

(´・ω・`)「近々、二人は駆け落ちするかもしれないね。いや、実はね、二人別々に、それとなく辞めるかもしれないって相談を受けたんだ。

     止めるべきかなあ。どうしようかなあ」

 くいくいと杯を開けて、すっかりぐでんぐでんになってしまった校長は、体を前後に揺さぶりながらそんなことを言った。

( ・∀・)「残された蛇はどうするんでしょうね?」

 僕の問いは酔っ払った校長には届かなかったらしい。

 その後三十分もたたないうちに校長は机に突っ伏してしまったので、僕は店の人に後を任せて、先に出ることにした。

 こういう酔いつぶれた人のために、奥に布団を敷いてくれるのは、ここら辺特有の親切だな、と思いながら。



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 21:18:08.42 ID:TjgdaolgP

 家に帰ると、やはりペニサスさんが待っていて、僕を出迎えてくれた。

('、`*川「ご飯、冷めちゃった」

 頼んでもいないのに残念そうな顔をされても困る。

 僕はそう思ったけれど、せっかく作ってくれたのを無碍にするのも悪く感じて、おかずだけ食べることにした。

 豚肉の生姜焼きにポテトサラダ、きんぴらごぼうに、昨日の筍の煮物。

('、`*川「今日のは、味が染みてて美味しいよ」

 不気味な生き物だが、作る料理は美味しい。僕は二日目にして、この目の前の存在に慣れていた。

 それは別段良いこととは思わなかったけど、悪いこととも思わなかった。

[白蛇・前]終わり







44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 21:19:03.12 ID:TjgdaolgP
[水魔]




45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 21:20:34.35 ID:TjgdaolgP
 ペニサスさんが我が家に憑いてしばらくが経った。

 ペニサスさんはこの家を気に入ったらしく、随分気安くあれこれと家事をするようになっていた。

('、`*川「シャツにアイロンかけておいたからね」

('、`*川「今日は天気がいいから布団干すよ。いつまでもだらだら寝てちゃ駄目だよ」

('、`*川「きゅうりを漬けてみたんだ。味どう?」

 椎名先生は、白蛇とはいずれ勝手に出ていく存在だと言っていたが、今のところその気配はなく、むしろ奥さんのような存在になってしまっている。

 かといって、僕が困っているかと言うと、あれこれしてくれるのだから、まあいいかと言う気分になっている。

 時折、夜に寝床に忍び込んで悪戯をしていくのには閉口するが、それを除けば、僕はペニサスさんと言う存在を歓迎していた。



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 21:21:35.09 ID:TjgdaolgP

 もし僕に意中の相手などが居れば、困ったことになっただろうなとは思う。

 けれど、僕には都会に残してきた思い人はいないし、この村には僕と同じような歳周りの女性は椎名先生しかいない。

 そして椎名先生には擬古さんと言う思い人、不倫の相手がいるから、

 つまり、哀しいけれど、ペニサスさんのことで遠慮しなければならないような人物はいないのだった。

(´・ω・`)「そのまま娶っちゃどうだい?」

 なんて、笑いながら校長は言うけれど、僕にはそのつもりはない。

 夜眠るときに洋服箪笥と本棚の間に入り込む彼女なんかを見ていると、やはり人間と白蛇は違うものなのだと思ってしまう。

 その姿は、それはそれでまあ、愛らしいと言えなくはないけれど。

 ともかく僕は、いずれペニサスさんが出ていくまで、何となく日々を過ごすつもりなのだ。



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 21:22:47.28 ID:TjgdaolgP

 ある日のこと、僕は散歩をして、日差しの気持ちいい休日の朝を謳歌していた。

 建物も何もなく、田んぼと畑、あるいは小川があるばかりの田舎だけど、そういった自然の中を歩くのは、それだけで楽しいものだ。

 僕は小川に沿って歩いている。浅く透き通った水が流れ、足元は砂利がいっぱいで、歩いているとごつごつ音が鳴った。

 何か魚でもいないかなと目を凝らして見ても、特にそう言う生き物はいなかった。

 たまにアメンボがすいすい水面を滑るだけ。でも、アメンボの不規則な動きと言うのは、それはそれで興味深い。

('、`*川「モララー君、早く来ないと置いていくよー」

 アメンボに気を取られていると、ペニサスさんがじれったそうに言った。

 僕が小川の方に散歩に出ると言ったら、じゃあ私もついていく、ということで、二人して歩いていたのだった。

( ・∀・)「今行きますよ」

 言いながら、ペニサスさんの少し後ろをのんびりと歩き始める。

 デート、のようなものなのだろうか。よく分からないけど、悪い気分じゃなかった。



54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 21:31:22.25 ID:TjgdaolgP
 上流に昇っていくにつれて、緑が多くなる。弱い風でも、葉っぱがさやさやとなって、どこか不思議な処に迷い込んだような気すらした。

('、`*川「空気が濃いね。気持ちいい」

( ・∀・)「濃い? 変なことを言いますね」

('、`*川「何かおかしい? 濃いって、言わない?」

( ・∀・)「いえ、別におかしくはないですけど。でも確かに気持ちがいい」

 ここに来たのは初めてだった。もうこちらに来て三ヶ月以上になるが、居住エリア以外は、意外と足を向けていないところが多かった。

 こういった『自然』みたいなものも、ここら辺の良いところなのだから、もっと親しまなければならないな、と思った。

( ・∀・)「ここら辺で休憩にしませんか?」

 疲れたわけでは無いけれど、ここで腰を落ち着けて、川の流れを眺めたいと思ったのだ。



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 21:34:06.71 ID:TjgdaolgP

('、`*川「そう? じゃあ、私はちょっと森の方へ入って見るから、モララー君はここにいてね」

 ペニサスさんはそう言って、緑の濃い方へとすたすた歩いていく。

 元々はあちら側のモノだから、居心地がいいのだろう。足取りは、どことなく弾んでいた。

( ・∀・)「さてさて」

 お尻の下に細かな石を感じながら、腰を下ろした。ちょっと痛いけど、我慢できないほどでは無い。

 小川はゆっくりと下流に向かって流れている。

 小石を投げ入れてみると、ぽちゃんと言う音とともに、波紋が広がる。

「痛っ」

 何か、声が聞こえた気がした。



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 21:35:09.79 ID:TjgdaolgP

 小川は変わらずにゆっくりと流れている。人影も見えない。

 ならば先ほどのは幻聴かと思い、小川を覗きこんでみても、やはり透き通った水があるだけ。

 鏡のように、はっきりと僕の姿が映る。

( ・∀・)「あ、剃刀負けしてる」

 僕は鼻の下に手を当てながら、つるつると撫でてみた。

 ちょこんと、ニキビのようなものができている。シェービングジェルが少なかったせいだろうか。

( ・∀・)「ふふふ」



60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 21:36:45.27 ID:TjgdaolgP

 なんだか面白い。何故だか笑いがこみあげてきた。

 炎と流水は見ていて飽きないと言うが、普段ならばつまらない自分の顔も、流水に映せば、何となく愉快なものの様な気がしてくる。

( ・∀・)「ふふふふふふ、あははっ」
 
 自分の顔を見ているだけなのに笑いは止まらない。体のどこかがおかしくなったように。

 ああ、凄く愉快だ。珍しい陶器でも見ているような心地だ。よく分からないけど、面白い。

( ・∀・)「あは」

 目の前のものがよく分からないけど、酷く滑稽で、酷く滑稽で。真面目腐った顔をしているのがまた愉快でしかたない。

( ・∀・)「あははっ、ははっ、あははははははははは」

 目の前のものは面白い。目の前のものは面白い。

 これは一体何なのだ。僕は何を見ているんだ。とにかく愉快で不愉快で笑わずにはいられない。

 取りだしてみようと何度も手を伸ばしてみるが、水をかくだけでひどくもどかしい。



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 21:38:02.03 ID:TjgdaolgP

( ・∀・)「ふふあはははふふああああああはっははははははああはは」

 手に取ってみたい。目の前の意味の分からないものをこの手に取りたい。

 これは何だ。これは何だ。不思議で素敵でゴミみたいなものに違いない。

 初めて見る物だ。きっと貴重なものだ。そこら中に並べてあるものの中でも最低のものに違いない。

 欲しい。欲しい。ザブザブ水をかきながら、一心に手に取ろうとするけど出来なくて、とても悔しくて。

 ああ、ならばいっそこちらから迎えに行こう。このよく分からないものを迎えに行こう。

 僕は身を乗り出して、そちら側へと行こうとして、











('、`*川「ここら辺、急に深くなるから危ないよ」

 と、何かに首根っこを掴まれて、それを阻まれてしまった。



63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 21:38:17.01 ID:yI+k6+SV0
モララーには狂気が(ry



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 21:39:05.49 ID:TjgdaolgP

(;・∀・)「離して、離して」

('、`*川「駄々っ子みたいな事言わないの。しゃんとしなさい」

 ぺちんと頬をはたかれて、僕は一瞬キョトンとなって、ようやく我に帰った。

(;・∀・)「僕、何してました?」

('、`*川「モララ―君、呼ばれてたみたいね」

 と、ペニサスさんは言う。

('、`*川「水は時々、生きてる人間を呼ぶから、気をつけなきゃ駄目だよ」

 魔が差すって、よく言うでしょ?

 ペニサスさんは何でも無いことのように言った。



65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 21:40:14.63 ID:TjgdaolgP

(;・∀・)「初めてですよ。こんなこと」

('、`*川「空気が濃いと水も濃くなる。たまにあるのよ。水が綺麗な証拠」

 都会ではお目にかかれない怪異とでも言いたいのだろうか。

 そんなもの、ありがたくもなんともないのだが。

('、`*川「まあ、こういうところで食べるお弁当も乙なものよ。そろそろお昼だし」

 そう言いながら、家から作って持ってきた小振りな弁当箱をいくつか取り出す。

('、`*川「いっぱい作ったからどんどん食べてね」

 此方は大変な思いをしたと言うのに、と思ったのだけど、実際目の前に出されると、つい箸が伸びてしまった。

( ・∀・)「……」

('、`*川「どう?」

( ・∀・)「美味しいです」

 悔しいことに、怪異なる存在のペニサスさんの料理は美味しい。

 まあ、五分五分か、と僕は思った。

[水魔]終わり







68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 21:43:02.70 ID:TjgdaolgP
とりあえず今日はここまでです
続きはまた後日です
読んでくれてありがとうございました
また、代理してくれた方、しようとしてくれた方
改めてありがとうございました



69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 21:44:13.34 ID:Y9H/7EPz0
乙!
続き楽しみにしとる!



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 21:44:36.68 ID:yI+k6+SV0
楽しみにしとるよ



71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 21:44:53.44 ID:8cOyImIz0
伸びないけど読んでるよ
続きも待ってる



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 21:45:10.12 ID:z7kHjZC6O
乙。


うちの地元では白蛇見るのは幸運とされててだな
見たこと無いけど

とにかく乙。



74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 21:50:52.05 ID:mMrBkX5G0
乙!楽しみな現行が一つ増えたよ



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 21:55:16.02 ID:hNNmig2K0
結構期待できそうな話だった

乙っした



77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 21:56:57.06 ID:IRy3iHTy0

正統派の怪談や奇譚って感じがして、とっても良かった
続きに全力で期待



この作品の続きはくるくる川 ゚ -゚)でまとめています。
( ・∀・)と白蛇のようです インデックスページ

ニュース速報VIP板 ( ・∀・)と白蛇のようです
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1243769362/l50 より

拍手する

■この記事へのコメント

    ■コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     


    新着記事ヘッドライン
    2chnavi  R-navi-  ブーンあんてな  R★S Portalish  2ちゃんマップ  2chまとめブログリンク集  ( ^ω^)系小説:ぶんてな
    麻呂アンテナ
    2chまとめ・いろいろ 2chまとめ・VIP系

    2chまとめ・ニュース系 2chまとめ以外(動画・記事紹介など)

    新規2chコピペブログ(09年1月~5月開設分)  Special Thanks to 1年前のまとめブログ

    検索フォーム

    カレンダー

    06 ≪│2017/07│≫ 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    お知らせ・独り言

    ここより面白いコピペブログなんて沢山あるよ

    ( ^ω^)ブーンがRPGになったお!
    天空のブーンDLサイト
    ブーンRPGまとめwiki

    09年新規2chブログ一覧
    1年前のまとめブログさんです)

    ・09年1月までの新規ブログまとめ
    8~10月11月12月1月

    10/12
    不具合発生中。HTMLタグのどこをミスしているのかわからない……(´;ω;`)

    7/9
    更新したいとは思っているんよ( ´・ω・)
    ヤクルトが首位に立ったら本気出す。

    6/20
    今日はデントナ様祭りや━(゚∀゚)━!

    ドラちゃんの記事に丸一日使いましたが、ごちゃごちゃ見辛い編集で何だか申し訳ないです。それでも米を残してもらうのは嬉しい。

    6/18
    魔将様サヨナラ弾キタ━(゚∀゚)━!

    6/18
    自分(達)がどんなに良いと感じていても、全ての人が同じように受け止めるとは限らないんだよねぇ。

    6/17
    暑いのは割と大丈夫ですが、エアコンをガンガン利かせた部屋との温度差で死にそうです。
    皆様も体調にはどうかお気をつけてください。

    5/31
    マユミ・マユミとかタマキ・タマキって書くと、富野アニメに出てきそうなキャラクターっぽくなるよね。どうでもいいけど。

    5/31 午前
    過去記事再編集のため、一時閲覧できなくなったかもしれません。ごめんなさい。

    ( ^ω^)系やSSの長編・連載物をどこで分割しようか非常に悩んでます。どう編集するのがベストなんだ…

    5/28
    本格的に
    ネタが
    ない


    今週は2chの巡回をあまりしなかったから仕方ない。この土日はサイドバー整理に費やそうそうしよう。

    5/28
    家を出る直前になってサイドバーのopen/closeがきちんと機能してないのに気付いたよ… 帰ったら修正します。

    5/27
    なんかお茶犬みたいな配色になった。

    5/24
    テンプレの配色をどうすべきか・・・半年やってんのに未だに悩み中。

    5/21
    短レスの
    ネタが
    無い


    5/18
    大矢監督辞任・・・お疲れ様でした。

    5/17
    5月の検索キーワード1位が「おこられサロン」です。訳がわからん。

    5/16
    すぺしゃるさんくすの使い方ってあれでいいんだろうか。英語が苦手すぎて自信がない。

    5/13
    何もしないでボーっとしてたら5月になってた。死にたい。

    これから数日かけてリンクの整理やら改装やらをしたい。更新はちびちびと。


    3/25
    都合により「web拍手」を一度リセットしました。これまで記事全体で278拍手、ブログとしては32拍手頂きました。ありがとうございます。

    ・・・って、本来なら自分ではなく2ちゃんねるに書き込みされた方々が受け取るべき拍手なんですけど。

    2/10
    昨日ユニークアクセス数10万越えました。

    いつも見に来てくださる皆様、他のブログ様、そしてなにより2chを利用している全ての方々に多大なる感謝を!

    のんびりまったりコソコソ地味に、これからも更新を続けていきたいと思いますので、 今後とも「くるくる羅針盤」をどうぞ宜しくお願いします。


    プロフィール

    kuru

    Author:kuru

    詳しくは当ブログについて

    管理人へメール

    ユーザータグ

    野球 



    あわせて読みたい

    なんか色々

    ◆ブックマーク


    ◆RSSリンクの表示
    最近記事のRSS

    ◆はてなブックマーク数
    このブログのはてなブックマーク数

    ◆フィードメーター
    フィードメーター - くるくる羅針盤

    ◆ブログランキング


    ◆googleページランク
    google pagerank

    ◆web拍手
    拍手する

    いくつになったの

    カウンター

    ・トータルアクセス数


    ・ユニークアクセス数


    ・現在の閲覧者数

    Team 2ch @ BOINC

    待ち続けている人がいる。
    だから僕らは回し続ける。
    ~まだ見ぬ誰かの笑顔のために~

    banner-88.gif
    CPUの時間
    ちょっとだけ
    貸してください
    (BOINC Team 2ch Wiki)





    クリックで救える命がある。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。