色々と放置しつつ更新中。
新着記事ヘッドライン
2chnavi  R-navi-  ブーンあんてな  R★S Portalish  2ちゃんマップ  2chまとめブログリンク集  ( ^ω^)系小説:ぶんてな 麻呂アンテナ 
ショボンあんてな(´・ω・`)
2chまとめ・いろいろ 2chまとめ・VIP系

2chまとめ・ニュース系 2chまとめ以外(動画・記事紹介など)

新規2chコピペブログ  Special Thanks to 1年前のまとめブログ

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する

■女騎士「くっ、その手はくわ・・・」 その3

女騎士「くっ、その手はくわ・・・」
女騎士「くっ、その手はくわ・・・」 その2


486:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/25(月) 19:50:17.22 ID:U+HvvotdO
書き溜めがこれだけたぁ…しけた話だ

ここから先は(ry…



489:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/25(月) 19:55:28.99 ID:U+HvvotdO
メイド妹「………」

メイド「何見てるんだい?」

メイド妹『まるい』

メイド「あぁ、切り分ける前のケーキだからね」

メイド妹『ほしい』

メイド「あんた一人じゃ食べきれないだろ?そこのちっちゃいのにしときな」

メイド妹『たべる』

メイド「………」

メイド妹『おねあい』




492:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/25(月) 20:06:43.57 ID:U+HvvotdO
従者「…で買ったんですか?」

メイド「あたしも甘くなったもんだよ…まったく…」

従者「元からかなりやさしい人だと思いますけど…」

メイド「え?…や、やめとくれよ!恥ずかし…」

従者「でもこれバースデーケーキですね?」

メイド「………」

従者「どうしました?」

メイド「なんでもないよ!…ケーキ屋の馬鹿が勝手にデコレーションしたんだよ!」

従者「なるほど…あ、でも…」

メイド「お母さん若いねとか言いながらね!あたしはそんなに老けて見えるってのかい!?」

従者「………」

メイド「ふざけんじゃないよ!!あの馬鹿!!だいたいね…ぐちぐち…」




493:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/25(月) 20:12:55.81 ID:U+HvvotdO
従者「お、落ち着きましたか?

メイド「あぁ…悪かったね…」

従者「いえ…ところでこれなんですが…」

メイド「…なんだい?」


女騎士「今日は豪華だな!何かあったのか?」

メイド妹「……!」コクコク

メイド「妹が出来たってのにお祝いしてなかったからね。ちょいと遅いが歓迎会みたいなもんさ」

従者「ですね」

メイド妹「…!!」

メイド「従者に言われるまで気が付かなくてね…ごめんよ?」

メイド妹「……!」ふるふるふるふる




494:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/25(月) 20:17:35.47 ID:U+HvvotdO
従者「では食べま…」

女騎士「………」

従者「どうしました?」

女騎士「…仲間外れにされた…」

従者「いやそんなことは…急に思いついたもので…」

女騎士「………」

従者「あぁ…拗ねない拗ねない…」

メイド「たんとお食べよ?」

メイド妹「………」もぐもぐ

メイド「こら、またこぼして…仕方ないね…」ふきふき

メイド妹「~♪」もぐもぐ…




496:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/25(月) 20:25:51.68 ID:U+HvvotdO
女騎士「おい、買い物にいくぞ」

従者「珍しいですね、ご自分で行かれるなんて…」

女騎士「ついに鎧を買う金が溜まったのだ!行くぞ!」

従者「あぁ、なるほど…」

女騎士「このボロボロの鎧ともお別れだ!ふふ…ふははは!」


女騎士「…え?」

武具商「だから値段が上がったんだよ」

女騎士「ふざけたことを…前に来たときはこの値段だったではないか!」

武具商「近やたら注文が多くてな…生産が追い付いてないんだ。悪いね」

女騎士「………」

従者「ざ、残念でしたね…」

女騎士「せっかく…ここまで…うっ…」

従者「あぁ…ハンカチハンカチ…」




497:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/25(月) 20:28:33.04 ID:J1RdAllQ0
女騎士がなんだか踏んだり蹴ったりでカワイソス(´・ω・`)


500:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/25(月) 20:35:32.42 ID:U+HvvotdO
女騎士「…私はいつになったらこのボロボロの鎧から卒業できるのか…」

従者「…そんなにほしいんですか?」

女騎士「当たり前だ!」

メイド「くくっ…だったらあたしがパクってきてやろうかい?」

従者「メイドさんが言うと冗談に聞こえませんよ…」

メイド「…失礼な奴だね」

女騎士「…そうか!盗むという選択肢も…」

従者「絶対ダメですよ!?何考えてるんですか!?」

女騎士「…う…わ、わかった…」

メイド「…はぁ…」




501:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/25(月) 20:50:27.78 ID:U+HvvotdO
女騎士「しっかり見張れ。怪しいものは一人も入れるな」

兵士「はっ!」

兵士2「はっ!」

女騎士「うむ…次だ、行くぞ」

従者「はい」

兵士「いつ見ても凛々しいな…」

兵士2「…あの人雑用も黙ってこなすらしいぜ?」

兵士「…すげぇなぁ…良く出来た人だぜ…」


女騎士「なんで私が夜の見回りなど…!」

従者「楽な仕事じゃないですか?」

女騎士「何処がだ!こ、こんな真っ暗なんだぞ!?…!…手は絶対離すなよ!?」

従者「わ、わかってますよ…」




503:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/25(月) 21:00:51.51 ID:U+HvvotdO
メイド「ここでちょいと待ってな。すぐに戻ってくるからね?」

メイド妹「………」コク

メイド「…いい子だね。それじゃ行ってくるよ」

メイド妹『わかた』


メイド妹「………」

暴漢「そこのお嬢ちゃん」

メイド妹「……?」

暴漢「俺と一緒に遊ばねぇか?ほら、そこの出店でクレープ買ってやるよ」

メイド妹『きえな』ビクビク…

暴漢「フリップ?なんて書いてあんだ?…しゃべれねぇのか?」

メイド妹『そう。よめないのか?ばかめ』ビクビク…

暴漢「だからわかんねぇって!…なんにもしねぇよぉ…だからな?な?」

メイド妹「……!」ビクビク…




506:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/25(月) 21:10:58.70 ID:U+HvvotdO
暴漢「へへへ…」

『待ちな』

暴漢「あ?」

メイド「あんた…あたしの妹になにやってんのさ?」

メイド妹「……!」

暴漢「メイドがなんのよ…ぶご!?」

ざわざわ…おい…喧嘩か?…メイドだぞ?…ざわざわ…

メイド「なにしてたんだい?」

暴漢「ひっ…な、なにも…」

メイド「ほんとだろうね?」

暴漢「…ほ、ほんとうだ!何もしちゃ…ぐへ!?」

メイド「ふん…」

メイド妹「……!」

メイド「ふふ…よしよし。もう平気だよ…」なでなで…

ざわざわ…おいあれ……ざわざわ…




507:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/25(月) 21:15:47.87 ID:NrDWgEeYO
ざわ…
   ざわ…



509:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/25(月) 21:21:08.71 ID:U+HvvotdO
メイド「………」

従者「何したんですか…」

メイド「知らないよ!そんなことよりこっから早く出しな!」

ガンッ!

従者「ま、まぁ…落ち着いてくださいよ。今いろいろと…」

女騎士「ふふん。牢屋の辛さがわかったか?」

従者「あ、女騎士様。どうで…」

女騎士「…あの時は辛かっ…うっ…」

従者「あぁ…泣かない泣かない…」

メイド「…あんたたち一体何しにきたんだい?」




519:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/25(月) 21:34:34.78 ID:U+HvvotdO
従者「で、どうだったんですか?」

女騎士「釈放だそうだぞ。…よかったな」

メイド「ちっとも良くないよ!なら最初からあたしを捕まえるんじゃないってのさ!」

女騎士「広場で暴れるからだろう?まったく…」

メイド「あっちが向かって来たんだよ!抵抗するのは当然だろ?」

従者「…あっち?」

女騎士「衛兵だ」

従者「え、衛兵?」

女騎士「こいつは騒ぎを収めにきた衛兵を相手に一歩も引かなかったらしい…恐ろしいメイドだな…」

従者「で、ですね…」

メイド「うるさいね!早くこっから出しな!」




520:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/25(月) 21:39:40.31 ID:wdeJN4prO
さすが元頭


522:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/25(月) 21:55:07.99 ID:U+HvvotdO
ガチャ…

メイド「まったく…とんだ災難だよ…」

女騎士「こっちはいい迷惑だぞ?」

メイド「…それは…すまなかったね…」

従者「では外に出ましょうか」

女騎士「うむ…」

メイド「そうだね。こんなとこはもうごめんだよ」


メイド妹「……!」とてて

メイド「おっと…心配してくれたのかい?」

メイド妹「………」コクコク

メイド「ふふ…ありがとね」




523:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/25(月) 22:01:48.00 ID:U+HvvotdO
メイド妹『おなかへた』

メイド「そういえば買い物の途中だったね。…あそこでなんか買ったげるよ」

メイド妹『こんどはついてく』

メイド「ふふ…わかってるよ。おいで」

従者「しかし大事にならなくてよかったですね」

女騎士「大事だ!」

従者「え?でも…」

女騎士「保釈金がいくらしたと思ってるんだ!…新しい鎧を買うために貯めたお金が…うっ…」

従者「あぁ…泣かない泣かない…私も出来る限りは出しますから…」なでなで

女騎士「…ばかメイドめ…ぐす…」




534:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/25(月) 22:51:53.63 ID:U+HvvotdO
従者「保釈金はいくら取られたんですか?」

女騎士「…このくらい」

従者「雇った責任は私にもありますし…半分出しますよ」

女騎士「しかしお前…結構お金貯めてたんだな」

従者「え?えぇ、まぁ…ははは」チャリチャリン…

女騎士「…良いな…欲しいな」

従者「さ、さすがにこれ以上は…ここにあるのが私の全財産なんですから…」

女騎士「………」うるっ…

従者「…そんな目で見てもあげませんよ?」

女騎士「…はぁ…」

従者「………」




541:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/25(月) 23:23:24.98 ID:U+HvvotdO
メイド「なんで保釈金のことを言わなかったんだい!?」

女騎士「そ、それは…うっ…」

メイド「あぁもう…!従者!」

従者「はい?…あぁ…また泣かして…」なでなで

女騎士「…怖い…ぐす…」

メイド「知らないよ!それよりなんで金のことを黙ってたんだい!?」

従者「金?あ、保釈金ですか」

メイド「そんなことされたらあたしはあんたたちに頭上んないじゃないのさ!」

従者「しかし…払わないとずっと牢屋の中ですし…」

メイド「それは…そうだけどさ…」




543:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/25(月) 23:35:40.32 ID:U+HvvotdO
従者「ちょっとづつ返してくれればいいですよ」

メイド「でもさ…」

従者「メイドさんがいないと我々も困りますし、メイド妹さんも悲しみますよ?」

メイド「…あんたたち…」

女騎士「いますぐお金返せ!ばかメイド!」ガバッ!

従者「あ…」

女騎士「人がせっかく助けてやったというのに…怒鳴りつけるとは…ぬぬぬ…!」

メイド「わ、悪かったよ…」

従者「………」




546:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/25(月) 23:49:29.39 ID:U+HvvotdO
メイド妹『ごちそうさま』

メイド「まちな。まだ人参が残ってるよ?

メイド妹『いらぬい』

メイド「好き嫌いするんじゃないよ」

メイド妹「………」

女騎士「まぁ、待てメイド。きっとお腹がいっぱいなのだ」

メイド妹「……!」コクコク

メイド「………」

女騎士「では私もごちそうさ…」

従者「お待ちください」

女騎士「ん…?」




547:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/25(月) 23:50:25.22 ID:Z3AvyRB50
女騎士もかよwwwwwwww


548:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/25(月) 23:52:20.90 ID:U+HvvotdO
従者「人参とトマトが残っていますよ?」

メイド「あんたね…何がお腹いっぱいだよ…!」

女騎士「いや…私はお腹がいっぱいでな…」

メイド妹『あたしも』コク

メイド「馬鹿言ってんじゃないよ!二人とも全部食べな!」

メイド妹『わかた』ビクビク…

女騎士「うっ…従者…」

従者「残念ですが…メイドさんが正しいです。さ、どうぞ」

女騎士「…ぅ…」




552:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/26(火) 00:11:49.92 ID:AD54HFi8O
女騎士「…よかろう。通っていいぞ」

町娘「ありがとうございます」

女騎士「うむ」

従者「次の…」

女騎士「待て」

従者「またですか?」

女騎士「うむ…もうほんとに嫌だ」

従者「………」

女騎士「これではただの受付嬢ではないか!」

従者「ですから検問は受付では…」

女騎士「似たようなものだろう!?」

旅人「あの…」

女騎士「ん?あぁ…すまないな。どれ…」

従者「…さっきから何度繰り返せば…はぁ…」




619:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/26(火) 18:21:05.77 ID:AD54HFi8O
従者「…おや?」

メイド「~♪」

従者「…掃除とは珍しいですね」

メイド「妹の手前、サボってるわけにはいかないだろ?…金のこともあるし」

従者「元盗賊のお頭のダメメイドさんが…成長しましたね…うっ…!」

メイド「う、うるさいね!邪魔だからどっか行ってな!」

従者「わかりました。頑張ってくださいね」

メイド「…いちいちうるさい奴だね」

従者「何か言いました?」

メイド「いいからさっさとお行き!」

従者「は、はい」




623:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/26(火) 18:46:50.06 ID:AD54HFi8O
メイド「ぐちゃぐちゃだね…」

メイド「あの騎士様は片付けって言葉を知らないのかい?」

メイド「まったく…ごみ箱も溢れかえってるじゃないか…なんだいこの紙屑は…?」

ごそごそ…

メイド「…鎧の模写……そうまでして欲しいものかい?」

メイド「…はぁ…」


メイド「ま、こんなもんかね」

メイド妹「………」くい

メイド「ん?妹…どしたんだい?」

メイド妹『おなかへた。おやつくれ』

メイド「…そういやそんな時間だね…すぐに用意してやるから待っ…いや」

メイド妹「……?」




624:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/26(火) 18:51:51.19 ID:AD54HFi8O
メイド「あたしが用意してる間にこのゴミを捨ててきな」

メイド妹『ごみ?』

メイド「そうさ。手伝っておくれよ」

メイド妹『わかた。がんがる』

メイド「ふふ…いい子だね。じゃ、頼んだよ?」

メイド妹「………」コク


メイド妹「………」ズルズル…

メイド妹「………」ちらっ

がらくた?

メイド妹「……?」

メイド妹「………」ごそごそ

メイド妹「…!!」




627:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/26(火) 19:20:18.35 ID:AD54HFi8O
メイド「今日は疲れたねぇ…」

従者「ご苦労様です」

メイド「そう思うなら上等なワインでも持ってきておくれよ」

従者「…え?私がですか?」

メイド「冗談さ。紅茶でいいよ」

従者「…それも普通はメイドさんが…」

メイド「あんたね、たまにはねぎらいってものを…」

『メイドォォオ!!』

メイド「…ん?」

従者「この声は…」

女騎士「ここにいたか盗っ人め!!」

メイド「いきなりなんだい?あたしが何したってのさ?」




629:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/26(火) 19:28:14.02 ID:AD54HFi8O
女騎士「とぼけるな!私の昼寝中に部屋に忍び込むとは…許さん!」

メイド「掃除に入っただけさ。何も盗っちゃいないよ」

従者「そうですよ。盗賊は廃業してメイドさんにジョブチェンジしたじゃないですか」

女騎士「嘘だ!」

メイド「いい加減しつこいよ!?掃除しただけだって言ってんだろ!?」

女騎士「ひぅ!?」ビクッ

メイド「変な言い掛かりつけんじゃないよ!」

女騎士「うっ…」

従者「あぁ…また…泣かない泣か…」

女騎士「こ、今回は…っぐ…ひ、引き下が…ぐず…!」

従者「無理は良くないですよ?」なでなで…

女騎士「…ぐす」




630:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/26(火) 19:35:59.85 ID:AD54HFi8O
メイド「…まぁ、勝手に入ったのは悪かったよ」

女騎士「………」

メイド「だけどほんとになにも盗っちゃいないんだ。それだけは信じとくれよ…」

女騎士「………」

従者「メイドさんがいまさら盗みなんかするわけないですよ…」

女騎士「…が…った」

従者「え?」

女騎士「…勲章が無かったのだ…」

従者「勲章…えぇええ!?」




631:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/26(火) 19:45:20.27 ID:AD54HFi8O
メイド「勲章?」

従者「騎士団員であることの証です!このくらいの大きさの…」

メイド「…あ…」

女騎士「あれは…私の…うぅ…」

従者「…しかし困りました…メイドさんが盗っていないのなら無くされたのですか?」

女騎士「そ、そんなわけっ…あるものか…ぐす…」

従者「…どうでしょうかね。だからきちんと整理整頓したほうがいいと…」

女騎士「うる…っぐ…さい…!」

メイド「………」




633:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/26(火) 19:51:18.53 ID:AD54HFi8O
従者「…どうしましょうね…。団長様、新しいのくれるでしょうか…」

女騎士「…くれなかったら…?」

従者「…除名…ですかね?」

女騎士「うっ…!嫌だ…嫌だぁ…」

従者「さ、捜せば見つかりますよ!ですよね?」

メイド「…あ、あぁ…」

従者「ほら、メイドさんもそう言ってますし…みんなでもう一度捜しましょう」

女騎士「…うむ…」




634:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/26(火) 19:55:30.20 ID:AD54HFi8O
メイド「…あ、あのさ!」

従者「どうしました?」

メイド「い、言いにくいんだけどね…?」

女騎士「…ぅ…?」

メイド「…捨てちまったかもしれない…」

従者「…え?」

女騎士「………」

メイド「…ご、ごみだと思ってさ…」

従者「それは…つまり?」

メイド「…今頃…灰に…」

女騎士「うっ…うわぁぁあん!!」




637:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/26(火) 20:02:26.49 ID:AD54HFi8O
従者「な…なんてことするんですかー!?」

メイド「し、知らなかったんだよ!そんな大切なもんだって…」

女騎士「ばが…メイド…ぐす…ダメイ…ドぉ…」

メイド「だ、だってあんだけ散らかってたら紛れこんだのなんて…」

従者「それはそうですが…せめて見た目で…」

メイド「…見た目でたって…」

女騎士「…ぐす…うぇ…」

メイド「………」

従者「………」




640:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/26(火) 20:12:25.17 ID:AD54HFi8O
従者「…と、とりあえず…騎士団の方に事情を話してきますね?」

女騎士「………」

メイド「す、すまないね…よろしく頼むよ…」

従者「はい…なんとか頑張ってみます…では」

女騎士「………」

メイド「ほんとにごめんよ…まさかそんな大切なもんだとは知らなくてさ…」

女騎士「………」

メイド「…ほんとにごめんよ…」

女騎士「………」

メイド「………」




642:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/26(火) 20:19:15.09 ID:AD54HFi8O
女騎士「………」

メイド「…はぁ…」

メイド妹「………」くい

メイド「ん?…すまないね。ちょいと今は…」

メイド妹「……!」じゃーん

メイド「…なんだいそのワッペンは?そんなのあんたに買ってやった覚えはないけど…」

メイド妹『ひろた。かっくいい!』

メイド「拾った?どこでさ?」

メイド妹『ごみふきろ』

メイド「そんな浅ましいことするんじゃないよ…まったく…」

メイド妹『わかた。でもこれはわたさぬい』

メイド「はぁ…勝手にしな…」

メイド妹「~♪」




643:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/26(火) 20:20:18.00 ID:8asQkgQ80
こういうシーンは妙にニヨニヨしてしまう


644:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/26(火) 20:20:54.88 ID:A7QUDFQuO
妹でかした


645:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/26(火) 20:24:03.18 ID:AD54HFi8O
メイド妹「……?」

女騎士「………」

メイド妹『どしたの?』

メイド「…あぁ…あたしがちょいとドジっちまってね…騎士様の大切な勲章を捨てちまったのさ…」

メイド妹「………」なでなで

メイド「…ありがとね…」

メイド妹『こちも』なでなで

女騎士「…メイド妹…お前…ぐす…」

メイド妹「……!」なでなでなでなで…

メイド「………」




647:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/26(火) 20:31:03.97 ID:AD54HFi8O
女騎士「…ん…」

メイド妹『だいじよぶ?』

女騎士「…メイド妹…すまないな…」

メイド「………」

女騎士「…ばかメイドも…もういい…許…っ…ゆる…むぅ…ゆるし…ぐぬぬ…!」

メイド「…無理しなくていいさ。悪いのはあたしだ…まったく…情けないよ…」

女騎士「………」

メイド妹『げんきだす。ね?』

女騎士「…うむ…」

メイド妹「………」スッ…

キラッ!

女騎士「ん?」




651:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/26(火) 20:38:41.41 ID:AD54HFi8O
女騎士「メイド妹!…それは!?」

メイド妹『ひろた。かっくいい!』

メイド「なんだい?急に…」

女騎士「それは私の…!!でかしたメイド妹!!」ガバッ

メイド妹「……!」サッ

メイド「おっと…あんたなにやってんのさ?」とさ…

女騎士「うるさい!ダメメイドめ!」

メイド「………」

女騎士「メイド妹!その勲章を渡すのだ!」

メイド妹『いや。わたさぬい』ふるふる

女騎士「…うぬぬ…」




653:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/26(火) 20:44:36.66 ID:AD54HFi8O
メイド「勲章?…まさかそれがかい…?」

女騎士「間違いない!」

メイド妹「……?」しげしげ

女騎士「それは私のものなのだ!メイド妹、返してくれ!」

メイド妹「………」

メイド「返してやっておくれよ?ね?」

女騎士「…頼む…」

メイド妹『わかた。かえす』

女騎士「おぉ…メイド妹!!」ガバッ

メイド妹「……!」サッ

女騎士「あぅ!?」ドテッ

メイド「…だからなにやってんのさって…まったく…」




660:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/26(火) 20:58:18.66 ID:AD54HFi8O
ガチャ!

従者「やりましたよ!なんとか新しい勲章を…」

メイド「ほら、これで許してくれるんだろ?」

女騎士「うむうむ…許すぞ」

メイド妹「~♪」

メイド「…ケーキ一個で…まったく安いね…」

女騎士「メイドだからケーキで許してやったんだぞ?ありがく思え」

メイド「…はいはい。ありがと」

女騎士「…お前…反省してないだろ?」

メイド「そんなことないよ。たぶんね…くくっ」

女騎士「…貴様…!」

メイド妹『はやくたべない』

メイド「あぁ、そうだね。ちょっと待ってな」

女騎士「こら!なんだその態度は……」

従者「…あれ?」




664:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/26(火) 21:20:25.29 ID:AD54HFi8O
女騎士「なんであんなボロくそに言われねばならんのだ…うぅ…」

従者「よかったじゃないですか…怒られただけで済んだんですから…」

女騎士「良くない!」

従者「それに…」

メイド妹「………」もぐもぐ…スッ

メイド「ダメだよ。それ以上は」

メイド妹「………」

従者「メイド妹さんのあれ…見つかったら大事ですよ?」

女騎士「仕方ないだろ?欲しがるんだから…ふふふ…やはり私に憧れていたのだな…」

従者「………」




673:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/26(火) 22:10:45.27 ID:AD54HFi8O
女騎士「…ぐす…」

従者「あぁ…泣かない泣かない…」なでなで…

女騎士「…う…む…」

メイド「………」


メイド「あんたさ…」

従者「はい?」

メイド「一体あの騎士様をどう思ってんだい?」

従者「どうって…なにがですか?」

メイド「いい加減はっきりさせた方がいいよ?」

従者「だからなにがですか?」

メイド「好きなんじゃないのかい?騎士様のこと」

従者「…え?」




678:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/26(火) 22:21:52.17 ID:AD54HFi8O
メイド「どうなんだい?聞かせてくれないかい?前から気になってたんだよ」

従者「はい、好きですけど…それがどうかしましたか?」

メイド「…どうかしましたかって…あんたね…」

従者「好きじゃなかったら付き合いきれませんよ」

メイド「…ならもっとそれらしくしなよ…」

従者「え?それらしくって…してますよ?」

メイド「…例えば?」

従者「なでなでしてあげたり…」

メイド「呆れたね…まるで子供だよ…ついてきな!」

従者「は、はぁ?」




680:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/26(火) 22:28:13.74 ID:AD54HFi8O
ガチャ!

メイド「邪魔するよ!」

宝石商「いらっしゃ………」

従者「ど、どうも…メイドさんどうするんですか?有り金全部持ってこいなんて…ひょっとして何かかわせるつも…」

メイド「うるさいね!黙ってそこで待ってな!」

宝石商「…また…」

メイド「そこのあんた!倉庫にある石も全部持ってきな!」

宝石商「は、はい…うっ…」

メイド「くくっ…」

従者「………」




681:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/26(火) 22:31:19.34 ID:AD54HFi8O
女騎士「おーい、従者ー?」

しーん…

女騎士「…いない…」

メイド妹「……?」

女騎士「メイド妹、従者を知らないか?」

メイド妹「おえいちゃんとおでかけ」

女騎士「メイドと?」

メイド妹「………」コク

女騎士「…メイドと…」

メイド妹「………」コクコク




682:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/26(火) 22:45:37.59 ID:AD54HFi8O
メイド「好きなの選びな」

従者「好きなのって…この宝石からですか?」

メイド「そうさ」

従者「なんのためにです?」

メイド「馬鹿だね!あんたが騎士様にプレゼントするんだよ!」

従者「え?わ、私がですか?」

メイド「さっきも言ったけどね。頭撫でたりって…子供じゃないんだからしっかり伝えるんだよ!この馬鹿!」

従者「は、はい!」

メイド「ったく…向こうが向こうならこっちもこっちだよ…」

宝石商「………」




685:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/26(火) 22:57:29.29 ID:AD54HFi8O
従者「向こう?」

メイド「騎士様だよ…相変わらずろくな石がないね」しげしげ…

従者「女騎士様が…私を…そんな馬鹿な!?」

メイド「この馬鹿!好きでもない奴に泣きついたりするわけないだろ!?」

従者「あれはメイド妹さんがメイドさんを慕うような…」

メイド「いちいちうるさいね…!あたしが言うんだから間違いないんだよ!」

従者「そんな無茶苦茶な…」

メイド「黙りな!あんたはさっさと石を選べばいいんだよ!」

従者「わ、わかりました…」




686:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/26(火) 23:07:02.31 ID:AD54HFi8O
従者「…ではこれで」

メイド「…ダイヤかい。無難な選択だね…」

従者「やめた方がいいですか?」

メイド「まぁいいさ。どれ見せてみな」

従者「………」

メイド「しかし清浄無垢かい…あたしにはとてもそうは思えないがねぇ…」

従者「…何がです?」

メイド「あんたにゃ関係ないよ」

従者「そうですか?」

メイド「んー…こいつもイマイチだね…」




688:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/26(火) 23:15:01.08 ID:AD54HFi8O
メイド「ん…こいつは…くくっ…これにしな」

従者「…それですか?ちょっと変わってますね?」

メイド「そんなことはないさ…行くよ次はリングだね。適当に選びな」

従者「はい…」

宝石商「…はぁ…」

メイド「なんだい?文句でもあるのかい?」

宝石商「…いえ…なにも…」

メイド「………」

宝石商「………」




689:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/26(火) 23:19:53.21 ID:AD54HFi8O
宝石商「これをその値段では…」

メイド「うるさいね、ダイヤはダイヤだろ?」

宝石商「しかし…それは…」

メイド「あたしの噂は聞いてるだろ?」

宝石商「………」

メイド「最近運動不足でねぇ…」

宝石商「わ、わかりましたよ!その値段で売ればいいんでしょ!その値段で…くっ…」

メイド「はん!初めからそう言えばいいのさ。…ま、ついでにこれも買ってやるからさ。感謝しな」

宝石商「え…いや、これ以上は…」

メイド「遠慮することないよ」

宝石商「………」

従者「………」




690:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/26(火) 23:26:54.52 ID:AD54HFi8O
宝石商「…もう来ないでください…」

メイド「冷たいねぇ…ま、ここはもう用済みだけどね…くくっ」

従者「………」

カランカラン…

従者「あの…これかなりしたんですけど…」

メイド「なに言ってんのさ。気持ちってのはつまるところ金だよ、金」

従者「…私の貯蓄が…」

メイド「しけたこと言っんじゃないよ。良い買い物したんだからねぇ…」

従者「………」

メイド「ほら、行くよ」

従者「…はい…」




691:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/26(火) 23:28:01.65 ID:QJayvvNv0
3ヶ月分ってレベルじゃなさそうだなw


692:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/26(火) 23:30:21.06 ID:AD54HFi8O
女騎士「遅い…!」

メイド妹「………」コク

女騎士「…あの二人はどこに行っているのだ…」

メイド妹『おそいね』

女騎士「…帰ってきたらただではおかんぞ…」

メイド妹『おなかへた』

女騎士「………」




694:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/26(火) 23:37:58.47 ID:AD54HFi8O
ガチャ

メイド「今帰ったよ」

従者「すみません、突然…」

女騎士「馬鹿者!どこに行っていたのだ!?」

従者「は、はい…えぇと…」

メイド妹『おねいちゃん、おなかへた』

メイド「ちょうどよかったよ。こっちにおいで………しっかりやりなよ?」ちろり

従者「は、はい…なんとか…」

メイド「やれやれ…」

メイド妹「………」




696:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/26(火) 23:45:51.59 ID:AD54HFi8O
女騎士「…なんで黙っていなくなった…」

従者「それは…ですね…」

女騎士「お前と…いう奴は…ぐす…」

従者「え?ちょっと…」

女騎士「メイドなんかと…っぐ…二人きりで…ぐす…」

従者「あぁ…違います違いますから…」なでなで…

女騎士「……うぅ…」


メイド「なにやってんのさ!あの馬鹿!それじゃいつもと一緒だろ!?…なんだい!?」

メイド妹『おなか…』ビクッ

メイド「悪いけど今はそれどころじゃないんだよ…!」

メイド妹「………」




699:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/26(火) 23:51:54.43 ID:AD54HFi8O
従者「落ち着きましたか?」

女騎士「…うむ」

従者「そうですか」

女騎士「…うむ?」

従者「…あの…ですね?」

女騎士「…?」

従者「いえ…その……」

女騎士「なんだ?どうかしたのか?」

従者「ははは…緊張しますね…」


女騎士「もう!じれったいねぇ…!さっさとやっちまいなよ!妹もそう思うだろ!?」

メイド妹「……?」つ『わからぬい』

女騎士「…くっ…!」




700:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/26(火) 23:54:30.73 ID:wPAYwpDYO
例え重大なミスに気づいても紳士ならスルー


702:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/26(火) 23:55:55.27 ID:GLGqpyd3O
>>699
何か女騎士があつかましいこみたいでワロタ


703:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/26(火) 23:56:55.14 ID:kjG1g2WLO
>>1は一生懸命やってるから、気付いたらそっと教えるんだぞ。
>>699の下の方ってね。


704:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/26(火) 23:57:49.92 ID:AD54HFi8O
従者「ふー……」

女騎士「お前ちょっと変だぞ?調子でも悪いのか?」

従者「いえ…その…さっきメイドさんと出掛けてたのは…」

女騎士「む…」

従者「これを買いに行ってたんです」

女騎士「なんだこの小包は?」

従者「…開けてみてください」

女騎士「うむ?」

がさがさ…

メイド「くくっ…ついにかい…」

メイド妹「………」ぐー

メイド「…緊張感のない子だねぇ…」

メイド『ごえんなさい』




707:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/26(火) 23:59:09.12 ID:AD54HFi8O
疲れちゃったな…
















すまない。がんがる



708:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/27(水) 00:00:21.47 ID:hYnxZcARO
作者も頭ん中寝てるなこれはw


709:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/27(水) 00:02:42.58 ID:ID0d1S1qO
>>1
無理はしないで、でも頑張って☆ミ


710:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/27(水) 00:04:30.74 ID:CONavpbkO
従者「………」

女騎士「お前…これ…」

従者「差し上げます。どうぞ」

女騎士「…私に…か?」

従者「貴女以外に誰に誰がいますか?」

女騎士「…これを…私に…」

従者「私の気持ちです…」

女騎士「………」

従者「お慕いしておりまひゅ…す」


メイド「肝心なところで噛む奴がいるかい!?なにやってんのさ!!」

メイド妹「………?」

メイド「ただじゃおかないよ…!」ギリ…

メイド妹「…!!」ガクブル…




711:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 00:04:44.84 ID:7F8/rLD50
>709
実はがんがってるのは>1じゃなwせdrftgyふじこlp


713:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/27(水) 00:14:32.32 ID:CONavpbkO
従者「ごほん…う、受け取っていただけますか?」

女騎士「………」

従者「…できればそれに込めた気持ちも…」

女騎士「……もの…」

従者「……?」

女騎士「馬鹿め…こんなもの…」

従者「………」ずーん

女騎士「…こんなもの…ぅ…」

従者「……?」

女騎士「…うれしいに…ぅう…き、決まっ…ぐす…うぇぅ…」

従者「女騎士様…」ギュ…

女騎士「うぇええぇ…」




715:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/27(水) 00:21:34.79 ID:CONavpbkO
メイド「………」ニヤニヤ…

メイド妹「……?」

メイド「妹!支度しな!出掛けるよ!」

メイド妹『どこに?』

メイド「そうさねぇ…ちょいと時間が遅いけど…なんでも好きなの買ってやるからさ」

メイド妹『わかた!いく!』

メイド「ふふふ…いい子だね」

メイド妹『おなかへた、おなかへた』

メイド「わかってるよ…じゃ、行くよ」

メイド妹「………」コクコク

メイド「くくくっ…」ニヤニヤ…

メイド妹「………」ビクッ…




718:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/27(水) 00:31:35.31 ID:CONavpbkO
ガチャ…

メイド「………」

メイド妹「………」

女騎士「おい、メイド!今まで何処に言っていたのだ!…メイド妹まで連れ出して…!」

メイド「おや?もう起きてたのかい?ゆっくりしてなよ?辛いだろ?」

女騎士「…なに?」

メイド妹『さくばんはおたのしみでしたね?』

女騎士「な!?…おおお前…なななにをを…!!」

メイド妹『おねいちゃんいてた。おたのしみて』

女騎士「貴様…!」

メイド「…ん?なんだい?」

女騎士「…ば、ばかメイドめ…」

メイド「はいはい…くくっ」




719:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/27(水) 00:31:58.29 ID:W49TDXDN0
おや、メイドが空気を読んだということは
これからお楽しみタイムですか??


720:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/27(水) 00:33:16.80 ID:W49TDXDN0
お楽しみタイム省かれた\(^o^)/


721:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/27(水) 00:40:45.23 ID:CONavpbkO
メイド「あ、そういや忘れてたよ」

女騎士「ん?…まだ何か企んでるのか?」

メイド「人聞きの悪いこと言わないでおくれよ…それにやっちまったのはあんただろ?」

女騎士「おおお前…」

メイド妹「……?」

メイド「ほら、とっときな」

女騎士「…なんだこれ…」

がさがさ

メイド妹「……!」

女騎士「…ブローチ?これはなんの真似だ?」

メイド「まぁ、あたしからのプレゼントさ。…なんのプレゼントかは解るだろ?」

女騎士「貴様…!」

メイド「そう睨まないでほしいね…ほら、旦那様のお出ましたよ?」




722:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/27(水) 00:46:57.64 ID:CONavpbkO
従者「あ、やっと帰ってきたんですね。心配しましたよ?…ふぁ…」

メイド妹『たらいま』

メイド「ふん…よくいうよ」

メイド妹「……?」

女騎士「う…あ…///」

メイド「なにやってんだい?」

女騎士「は、恥ずかしい…」

メイド「なーにが恥ずかしいだよ…まったく」

従者「どこ行ってたん…」

メイド「ふふふ…うまくやったみたいだねぇ…」

従者「え?え、えぇまぁ…は、ははは」

メイド「なんかムカつくねぇ…」

従者「…ならどうしろというんですか…」




723:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/27(水) 00:52:39.19 ID:CONavpbkO
メイド「それもそうだね。これからしっかりおやりよ?」

従者「…そういうメイドさんはどうなんですか?」

メイド「う、うるさいね!あたしはいいんだよ!あたしは!」

従者「へぇ…そうですか、そうで…」

メイド「あ?」

従者「………」


メイド妹『おたのしみってなに?』

女騎士「ば、馬鹿者!メイド妹!昼間からなんという…」

メイド妹『よるならだいじよぶ?』

女騎士「い、いや…そういう問題でも…お、お前にはまだ早いのだ!聞きたいならメイドに聞け!」

メイド妹「……?」

女騎士「…うぅ…//」




725:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/27(水) 00:57:49.97 ID:TW4/lqMRO
元、盗賊子分達は元気にやってるだろうか


726:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/27(水) 01:03:45.95 ID:CONavpbkO
女騎士「…で、結局あのブローチはなんだったのだ?お前が贈り物とは…怪しい…」

メイド「うたぐり深い女だねぇ…そんなんじゃ旦那が離れていっちまうよ?」

女騎士「う、うるさい!そんなことはない!」

メイド「…宝石には意味があるって知ってるかい?」

女騎士「急になんだ?」

メイド「あたしが送った宝石はガーネットだ。あとは自分で調べな」

女騎士「…なんだと?おい、教えろ!」

メイド「嫌だよ。それくらいつまんないじゃないか」

女騎士「…この…馬鹿メイドめ…なんて無礼な…」

メイド「すみませんねぇ…ふふふ」

女騎士「……!」




727:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 01:11:43.74 ID:7F8/rLD50
良い石を贈るねぇ


728:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/27(水) 01:12:40.40 ID:CONavpbkO
従者「…え?」

メイド妹『おたのしみってなに?』

従者「………」

メイド妹『だれもおしえてくれない。ずるい』

従者「…えぇと…それはですね…」

メイド妹『うんうん』コクコク

従者「好きな人同士でするとっても良いことですよ」

メイド妹『いいこと?』

従者「そうそう…たとえば…」

メイド「こら!あたしがちょっと目を離せば…変なこと妹に教えるんじゃないよ!」

従者「しかし…おたのしみなんて言葉…明らかにメイドさんが…」

メイド「うるさいね!それとこれとは別問題だよ!」

従者「は、はい…」




729:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/27(水) 01:22:00.48 ID:CONavpbkO
――……

従者「なんて言ってました?」

妻騎士「…またかって怒られた…うぅ…」

従者「あぁ…泣かない泣かない…仕方ないですよ…でもちゃんと休みは取れたんですよね?」

妻騎士「…うむ…ぐす」

メイド「あんたまた泣いてんのかい?子供の前でみっともないところ見せんじゃないよ」

メイド妹『仕方ないじゃない?涙脆いのは昔から』

メイド「しかしねぇ…」

男の子「…うぅ…」

メイド「あんたに釣られてこいつも泣くんだよ…」

従者「あぁ…泣かない泣かない…もうすぐお兄ちゃんになるんですから…」

妻騎士「…うぅ…そうだぞ…ぐす…」

従者「今の貴女が言っても…」

メイド「変わらないねぇ…まったく…」

メイド妹『うん、きっとずっと変わらない』ニコニコ…




730:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/27(水) 01:23:13.72 ID:CONavpbkO
これで終わり

文句はいろいろあると思うけど笑ってゆるして

お疲れ様でした





731:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 01:23:24.81 ID:Q7qyJwuD0
妻騎士なっとる・・・



732:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/27(水) 01:23:26.38 ID:2OljQnb90
妻騎士…!



733:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 01:23:50.45 ID:7F8/rLD50
妻騎士にランクアップした上にお子さんまで!



738:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/27(水) 01:25:31.86 ID:97sJv2BBO
毒騎士に見えた……

乙乙



749:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2009/05/27(水) 01:45:29.75 ID:CONavpbkO
サンキュー

また機会があれば捨てられたスレをハイエナする

おやすみなさい

保守された俺が言えたことじゃないが保守ほほどほどに…




女騎士「くっ、その手はくわ・・・」
女騎士「くっ、その手はくわ・・・」 その2
女騎士「くっ、その手はくわ・・・」 その3

拍手する

■この記事へのコメント

  1. ■Re: 女騎士「くっ、その手はくわ・・・」 その3 [くるくる名無しさん]

    面白かった!
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 


新着記事ヘッドライン
2chnavi  R-navi-  ブーンあんてな  R★S Portalish  2ちゃんマップ  2chまとめブログリンク集  ( ^ω^)系小説:ぶんてな
麻呂アンテナ
2chまとめ・いろいろ 2chまとめ・VIP系

2chまとめ・ニュース系 2chまとめ以外(動画・記事紹介など)

新規2chコピペブログ(09年1月~5月開設分)  Special Thanks to 1年前のまとめブログ

検索フォーム

カレンダー

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

お知らせ・独り言

ここより面白いコピペブログなんて沢山あるよ

( ^ω^)ブーンがRPGになったお!
天空のブーンDLサイト
ブーンRPGまとめwiki

09年新規2chブログ一覧
1年前のまとめブログさんです)

・09年1月までの新規ブログまとめ
8~10月11月12月1月

10/12
不具合発生中。HTMLタグのどこをミスしているのかわからない……(´;ω;`)

7/9
更新したいとは思っているんよ( ´・ω・)
ヤクルトが首位に立ったら本気出す。

6/20
今日はデントナ様祭りや━(゚∀゚)━!

ドラちゃんの記事に丸一日使いましたが、ごちゃごちゃ見辛い編集で何だか申し訳ないです。それでも米を残してもらうのは嬉しい。

6/18
魔将様サヨナラ弾キタ━(゚∀゚)━!

6/18
自分(達)がどんなに良いと感じていても、全ての人が同じように受け止めるとは限らないんだよねぇ。

6/17
暑いのは割と大丈夫ですが、エアコンをガンガン利かせた部屋との温度差で死にそうです。
皆様も体調にはどうかお気をつけてください。

5/31
マユミ・マユミとかタマキ・タマキって書くと、富野アニメに出てきそうなキャラクターっぽくなるよね。どうでもいいけど。

5/31 午前
過去記事再編集のため、一時閲覧できなくなったかもしれません。ごめんなさい。

( ^ω^)系やSSの長編・連載物をどこで分割しようか非常に悩んでます。どう編集するのがベストなんだ…

5/28
本格的に
ネタが
ない


今週は2chの巡回をあまりしなかったから仕方ない。この土日はサイドバー整理に費やそうそうしよう。

5/28
家を出る直前になってサイドバーのopen/closeがきちんと機能してないのに気付いたよ… 帰ったら修正します。

5/27
なんかお茶犬みたいな配色になった。

5/24
テンプレの配色をどうすべきか・・・半年やってんのに未だに悩み中。

5/21
短レスの
ネタが
無い


5/18
大矢監督辞任・・・お疲れ様でした。

5/17
5月の検索キーワード1位が「おこられサロン」です。訳がわからん。

5/16
すぺしゃるさんくすの使い方ってあれでいいんだろうか。英語が苦手すぎて自信がない。

5/13
何もしないでボーっとしてたら5月になってた。死にたい。

これから数日かけてリンクの整理やら改装やらをしたい。更新はちびちびと。


3/25
都合により「web拍手」を一度リセットしました。これまで記事全体で278拍手、ブログとしては32拍手頂きました。ありがとうございます。

・・・って、本来なら自分ではなく2ちゃんねるに書き込みされた方々が受け取るべき拍手なんですけど。

2/10
昨日ユニークアクセス数10万越えました。

いつも見に来てくださる皆様、他のブログ様、そしてなにより2chを利用している全ての方々に多大なる感謝を!

のんびりまったりコソコソ地味に、これからも更新を続けていきたいと思いますので、 今後とも「くるくる羅針盤」をどうぞ宜しくお願いします。


プロフィール

kuru

Author:kuru

詳しくは当ブログについて

管理人へメール

ユーザータグ

野球 



あわせて読みたい

なんか色々

◆ブックマーク


◆RSSリンクの表示
最近記事のRSS

◆はてなブックマーク数
このブログのはてなブックマーク数

◆フィードメーター
フィードメーター - くるくる羅針盤

◆ブログランキング


◆googleページランク
google pagerank

◆web拍手
拍手する

いくつになったの

カウンター

・トータルアクセス数


・ユニークアクセス数


・現在の閲覧者数

Team 2ch @ BOINC

待ち続けている人がいる。
だから僕らは回し続ける。
~まだ見ぬ誰かの笑顔のために~

banner-88.gif
CPUの時間
ちょっとだけ
貸してください
(BOINC Team 2ch Wiki)





クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。