色々と放置しつつ更新中。
新着記事ヘッドライン
2chnavi  R-navi-  ブーンあんてな  R★S Portalish  2ちゃんマップ  2chまとめブログリンク集  ( ^ω^)系小説:ぶんてな 麻呂アンテナ 
ショボンあんてな(´・ω・`)
2chまとめ・いろいろ 2chまとめ・VIP系

2chまとめ・ニュース系 2chまとめ以外(動画・記事紹介など)

新規2chコピペブログ  Special Thanks to 1年前のまとめブログ

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する

■ハルヒ「もう生きててもいい事ない……」 その3+おまけ

ハルヒ「もう生きててもいい事ない……」
ハルヒ「もう生きててもいい事ない……」 その2


18 :1 ◆/B7jgigWKk[]:2009/05/31(日) 22:08:35.42 ID:Wfl.JWQo
前スレまでのあらすじ

ハルヒは無職になってひとりぼっち。ガーン!
でも自殺しようとしたらキョンと再会。びっくり!
話の流れでキョンの家で居候させてもらうことに。ワァーイ!
なかなか仕事が決まらない決まらない。ガーン!
でもキョンに慰めてもらえたハルヒ。ワァーイ!
なんだかんだで急接近する二人。びっくり!
そんなときにハルヒに内定の電話が。ワァーイ!



21 :1 ◆/B7jgigWKk[]:2009/05/31(日) 22:10:46.13 ID:Wfl.JWQo
ハルヒ「と、とりあえずキョンに電話しなきゃ!」

ハルヒ「んふふ……あいつどんな反応するかな」

ハルヒ「……」

ハルヒ「あれ……」

ハルヒ「でも、これってあたし、ここを出て行かなきゃいけないってことよね」

ハルヒ「……何馬鹿なこと考えてるのかしらあたし。いつまでキョンに迷惑かける気なのよ」

ハルヒ「心機一転、あたしも新しい生活のスタートね」

ハルヒ「……」

ハルヒ「なんだろう……あんまり嬉しくないな……」

ハルヒ「そんなのおかしいのに」

ハルヒ「……と、とりあえず電話しなきゃ」




29 :1 ◆/B7jgigWKk[]:2009/05/31(日) 22:18:23.39 ID:Wfl.JWQo
~その晩~

キョン「ただいま!」

ハルヒ「あ、おかえり……」

キョン「やったじゃないか、ハルヒ!」

ハルヒ「う、うん……なんか、あとは書類出すだけみたい」

キョン「いや、よかった……」

ハルヒ「そ、そうね……ま、まああたしが本気出せばざっとこんなところよ、はは」

キョン「……本当によかった」

ハルヒ「な、なによ。大げさなんじゃないのちょっと」

キョン「そんなことあるか、むしろお前が冷静すぎるんじゃないか?」

ハルヒ「そうかな……」




42 :1 ◆/B7jgigWKk[]:2009/05/31(日) 22:33:00.58 ID:Wfl.JWQo
キョン「変な奴だな、まったく」

ハルヒ「……あたし、今日はもう休むわ」

キョン「?」

ハルヒ「なんか疲れちゃって」

キョン「具合悪いのか?」

ハルヒ「違うわよ、そういうのじゃないけど」

キョン「ああ、そうか……まあ、無理もない。張り詰めてたもんが途切れたわけだからな」

キョン「ゆっくり休めよ、ハルヒ」

ハルヒ「うん……ねえ、キョン」

キョン「ん?どうかしたか?」

ハルヒ「……」

ぎゅー

キョン「!?」

ハルヒ「……なんでもない、お休み」






58 :1 ◆/B7jgigWKk[]:2009/05/31(日) 22:44:33.08 ID:Wfl.JWQo
ハルヒ「……」

キョン「……」

ハルヒ「……ちょっと」

キョン「ん?」

ハルヒ「あたし寝るって言ってんでしょ」

キョン「おう、寝ろよ」

ハルヒ「眩しいんだけど」

キョン「しょうがないだろ、お前はいっつもリビングで寝てるんだから」

ハルヒ「電気消しなさいよ」

キョン「なにが楽しくて電気消して晩飯食わなきゃならんのだ」

ハルヒ「……ぐぐ」

キョン「ほら、俺のベッド使っていいから。奥行け、奥」

ハルヒ「むー」




63 :1 ◆/B7jgigWKk[]:2009/05/31(日) 22:51:47.47 ID:Wfl.JWQo
~数時間後~

キョン「さて、俺も寝るか……」

ガラッ

キョン「……そういやハルヒが使ってるんだったな、おれのベッド」

ハルヒ「……んん、きょん?」

キョン「ああ、悪い、起こしちまったか。いいよ、そのまま寝ててくれて」

ハルヒ「んー」

キョン「今日は俺がソファで寝るよ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ハルヒ「……ねえ、キョン。聞こえる?」

キョン「おー、どうした」

ハルヒ「なんかさ、初めてあんたの家泊まった時のこと思い出さない?」

キョン「……あー、懐かしいなあ、なんか。まだ一ヶ月も経ってないってのに」

ハルヒ「変な感じよね」

キョン「なんだか随分前から一緒に住んでたような気がするなあ」

ハルヒ「……」




74 :1 ◆/B7jgigWKk[]:2009/05/31(日) 22:58:57.64 ID:Wfl.JWQo
ガラッ

ハルヒ「……」

キョン「ん?どうした、トイレか?」

ハルヒ「……」

もぞもぞ

キョン「は、ハルヒ!?」

ハルヒ「……や、やっぱりこっちで寝る」

キョン「そ、そうか……じゃあ俺は」

ハルヒ「……その、あの」

キョン「?」

ハルヒ「ここにいなさい」

キョン「え」

ハルヒ「団長命令よ、ここで寝なさい!」

キョン「なんだそりゃ……」




92 :1 ◆/B7jgigWKk[]:2009/05/31(日) 23:14:25.23 ID:Wfl.JWQo
キョン「……」

ハルヒ「……」

キョン「(なんなんだこの異様な空気はっ……!)」

ハルヒ「ねぇ、キョン」

キョン「は、はい」

ハルヒ「いままでありがとね、いろいろ」

キョン「……なんだよ急に改まって」

ハルヒ「……」

キョン「ハルヒ?」

ハルヒ「……その、もうゆっくり話す機会もあんまりないかと思って」

キョン「ああ、そうか。言われてみればそうかもな」

ハルヒ「あんたには、ちゃんとお礼言わなきゃって、思ってて、その」

キョン「よせよ、気持ち悪いな」

ハルヒ「何よ……ばか」




102 :1 ◆/B7jgigWKk[]:2009/05/31(日) 23:23:40.95 ID:Wfl.JWQo
キョン「いろいろあったよなあ、思い返せば」

ハルヒ「あたしなんか初日からお風呂覗かれたしね」

キョン「だから、誤解だと言っとろうが!」

ハルヒ「どうだか」

キョン「お前だって、今はこんなに偉そうにしてるが、ちょっと前までは俺にわんわん泣きついてたじゃないか」

ハルヒ「う……」

キョン「いっつも下向いて、ネガティブなことばかり言って」

ハルヒ「うう……」

キョン「……でも、また元気になってくれてよかった」

ハルヒ「あ……」

キョン「やっぱりお前はふてぶてしいくらいで丁度いいんだよ」

ハルヒ「……」




109 :1 ◆/B7jgigWKk[]:2009/05/31(日) 23:32:28.01 ID:Wfl.JWQo
キョン「変わったといえばお前、料理上手くなったよな」

ハルヒ「失礼ね!最初から得意よ!」

キョン「いや、まあそうなんだが……」

ハルヒ「ふん」

キョン「それでも更に上手くなったって事だよ」

キョン「最近、晩飯が生活の楽しみの一つになってたからな、俺」

ハルヒ「……なによ」

キョン「?」

ハルヒ「……ちょ、ちょっとうれしいじゃない」

キョン「あとなんというか、家に帰ったときに誰かがいてくれるってのが、すごくホッとするんだよな」

ハルヒ「あ、それあたしも思ったわ」

キョン「だから、前にもいったかも知らんが、俺もお前に大分助けられてたんだよ」

ハルヒ「……」

キョン「……ありがとう、ハルヒ」




116 :1 ◆/B7jgigWKk[]:2009/05/31(日) 23:39:13.90 ID:Wfl.JWQo
ハルヒ「……感謝しなさ……いよね……ひっく」

キョン「お、おい、何泣いてんだ」

ハルヒ「……嬉しいのよ!悪い!?」

キョン「は、はあ」

ハルヒ「なんでか知らないけど、あたし今すごく嬉しくなってるの!何なのよこれ……もう」

ぎゅー

キョン「わわっ!?」

ハルヒ「こんなあたしでも……ひっく……誰かの役に立ってたんだって」

ハルヒ「必要とされてたんだって思ったら、なんか、もう……ううっ」

キョン「ハルヒ……」

キョン「だからって泣くことないじゃないか、ほら」

ハルヒ「あ……」

キョン「よしよし」

なでなで

ハルヒ「ん……」




145 :1 ◆/B7jgigWKk[sage]:2009/06/01(月) 00:16:58.50 ID:8WCAMmUo
キョン「しかし、少し寂しくなるな」

キョン「お前がいなくなると、部屋が静かになりそうだ」

ハルヒ「……」

キョン「どうした?」

ハルヒ「あ、あのさ……あんたには悪いけど、あたしもうちょっと就職活動しようかなと思って」

キョン「え?」

ハルヒ「その……探せばもうちょっといいとこあるかなって」

キョン「お前本気で言ってるのか?」

ハルヒ「で、でも、その」

キョン「大体結構条件もよさそうじゃないか、これ以上一体何を……」

ハルヒ「……あ、あたしの勝手でしょ!」

キョン「……あのなあ」

ハルヒ「いいじゃないの!その分あんたは美味しいご飯食べられるんだから!」

ハルヒ「文句あるなら家賃だって払うわよ!」

キョン「そういう問題じゃないだろ!何言ってんだよ!」

ハルヒ「……っ!」




163 :1 ◆/B7jgigWKk[sage]:2009/06/01(月) 00:32:15.04 ID:8WCAMmUo
キョン「どうしたんだよハルヒ……」

ハルヒ「……」

キョン「せっかく頑張ってきたんじゃないか」

ハルヒ「……違う」

キョン「違うってなんだ」

ハルヒ「……」

キョン「……ハルヒ?」

ハルヒ「……なの」

キョン「え?」

ハルヒ「嫌なの……まだここにいたいの!」

キョン「!」

ぎゅっ

ハルヒ「キョンと一緒で、毎日がすごく楽しくて」

ハルヒ「一緒にご飯食べたり、映画見たり、だらだら喋ったりり……全部、すごく楽しかった」

ハルヒ「辛いよ……キョン……もうそんなのがなくなるって思ったら……すごく胸が苦しいの」

ハルヒ「やだよ……ひっく……ううっ」




183 :1 ◆/B7jgigWKk[sage]:2009/06/01(月) 00:47:47.19 ID:8WCAMmUo
キョン「は、ハルヒ……」

ハルヒ「すきよ……ばかぁ……あんたのこと……すきになっちゃったんだからぁ……ひっく」

キョン「え、や……」

ハルヒ「もう一人にしないで……おねがい……」

キョン「うーん、その、なんだ……」

ハルヒ「……ううっ」

キョン「……はあ」

ぎゅう

ハルヒ「ひゃ!?」

キョン「何もお前を追い出そうってんじゃないんだ、居たかったらそういってくれりゃよかったんだよ」

ハルヒ「あ……きょ……んんっ!?」

ハルヒ「ちゅ……んちゅぅ……んむ……ぷぁっ」

キョン「……あー」

ハルヒ「ふぇ……」




203 :1 ◆/B7jgigWKk[sage]:2009/06/01(月) 00:59:58.89 ID:8WCAMmUo
キョン「何だよ変な顔して……こないだのお返しだ、って……ん!?」

ハルヒ「もっと……」

ちゅ、ちゅ、ちゅ

ハルヒ「んちゅぅ……んちゅ……」

キョン「ぷぁっ」

ハルヒ「ふにゃ……もっと……」

キョン「!?」

ハルヒ「んんっ……んむ……ちゅ」

ハルヒ「……」

キョン「……好きなだけここにいればいいさ」

キョン「俺も、その方が嬉しい」

ハルヒ「うん……」

キョン「一人じゃないだろ」

ハルヒ「うん……うん……ひっく」




216 :1 ◆/B7jgigWKk[sage]:2009/06/01(月) 01:33:09.91 ID:8WCAMmUo
~一年後・駅のホーム~

キョン「なあ、覚えてるか、ここ」

ハルヒ「忘れるわけないでしょ」

キョン「ここでお前と再会したんだよなあ」

ハルヒ「消したい過去ってやつだけどね」

キョン「あの時はびっくりしたよ」

ハルヒ「こっちの台詞よ、いきなり腕掴んできて」

ハルヒ「……でも、あの時あんたが止めてくれてよかった」

キョン「そうか」

ハルヒ「世の中って、ほんとに不思議なこともあるもんね」

キョン「……なあ、いいことあっただろ、生きてて」

ハルヒ「……ええ」

キョン「それが聞ければ充分だ」

キョン「さあて、乗り換え乗り換え。急がないとみんなを待たせちまう」

ハルヒ「……ねえ、キョン」

キョン「ん?」

ハルヒ「ありがとう、あたし今、すごくしあわせよ」

キョン「そういう泣ける台詞は、来月の式までとっといた方がよかったんじゃないか?」



おしまい






218 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/06/01(月) 01:34:27.22 ID:5.AAcdIo
乙!
面白かったよ!
次回作は書き溜めよろ


220 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[]:2009/06/01(月) 01:34:35.49 ID:2dDDPoSO
乙!!!


221 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/06/01(月) 01:34:40.88 ID:YbjMHt6o
はっげっしっく乙!!!!!!!!!


224 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[]:2009/06/01(月) 01:35:10.31 ID:c.IHJEAO
乙、よかった!
欲を言えばSOS団同窓会も見たかったな


225 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[]:2009/06/01(月) 01:35:25.49 ID:VQJSeAU0
>>216
おおっ終わりか

乙!
あの時ホントに死ななくてよかったよww


228 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/06/01(月) 01:35:41.59 ID:k/lCPkDO

最後まで読めて良かった

ありがとう


229 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[]:2009/06/01(月) 01:36:29.33 ID:XL0HUsAO
お疲れさま!
一人暮らしが更に寂しくなったけど


242 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/06/01(月) 01:41:31.21 ID:WDIWosIo
>>216
乙、乙。
ハッピーエンドでよかった、ハルヒよかったなぁ。
gjでした



251 :1 ◆/B7jgigWKk[sage]:2009/06/01(月) 01:45:36.45 ID:8WCAMmUo
読んでくれた人、保守してくれた人みなさんありがとうございました
まさかパー速まで来るとは思ってなかった。ハルヒが死んだ?何その黒歴史

さて、スレも余っているので埋めがてら何かおまけでも書こうかと思うんだけど、どうだろう




257 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/06/01(月) 01:47:23.94 ID:5.AAcdIo
>>251
ばちこい


270 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/06/01(月) 01:55:10.37 ID:L/FF492o
>>251
ココは既に1◆/B7jgigWKkの為のスレだ
スキに使っていいんじゃない?









283 :1 ◆/B7jgigWKk[sage]:2009/06/01(月) 02:15:25.78 ID:8WCAMmUo
<とある日常>

キョン「んー……」

カリカリ

ハルヒ「毎日耳掃除してたら耳傷めるわよ?」

キョン「そうは言ってもかゆいんだからしかたないだろう、風呂上がった後なんか掃除せずにはいられん」

ハルヒ「そんなもんかしらね」

キョン「しかし、もう20年以上耳掃除をし続けてるわけだが、未だに自分の耳の構造がわからんなあ」

ハルヒ「まあ、見えないものね」

キョン「……そうだ、いいこと思いついた」

ハルヒ「?」

キョン「ハルヒ、ちょっとやってみてくれよ」

ハルヒ「はあ?嫌よ!めんどくさいわね」

キョン「そんなこと言わずに、ほれ、頼むよ」

ハルヒ「いやだっつってんでしょ!あたしは忙しいの!」

キョン「頼むよハルハル」

ハルヒ「その呼び方気持ち悪いからやめろっつってんでしょ!くっつくなうっとおしい!」




287 :1 ◆/B7jgigWKk[sage]:2009/06/01(月) 02:25:04.77 ID:8WCAMmUo
キョン「そんな嫌がることないだろ、ほれほれ」

ハルヒ「や、ちょっと……洗濯物たたんでるんだから邪魔しないで……んんっ」

ハルヒ「……もー」

キョン「膝枕で頼むぞ」

ハルヒ「あんた果てしない馬鹿ね……ほら、早く寝転びなさいよ」

カリカリ

キョン「おー……そこそこ、あ、それは痛い……あふ」

ハルヒ「気持ち悪い声上げないでよ、まったく……」

ハルヒ「……はい、終わったわよ」

キョン「おー、すっきりしたわ。ありがとな」

ハルヒ「……」

ハルヒ「ちょっとキョン、あたしにもしなさいよ」

キョン「ん?ああ、別に構わんぞ」




294 :1 ◆/B7jgigWKk[sage]:2009/06/01(月) 02:40:25.87 ID:8WCAMmUo
ハルヒ「……」

キョン「他人の耳の中なんか見るの初めてだな」

ハルヒ「ちょっと、あんまりジロジロ覗かないでよね」

キョン「おお、悪い悪い」

カリカリ

ハルヒ「ん……」

ハルヒ「(思ったより心地いいわね……)」

キョン「よし、こんなもんだろ。あとは綿毛の方で……」

ぽんぽん

ハルヒ「ひぁう!?」

キョン「な、何だよ……急に大きい声出したらびっくりするだろ……」

ハルヒ「だ、だって」

ぽんぽん

ハルヒ「んっ……んふっ……」

キョン「うん、これでよし、と。……ふーっ」

ハルヒ「ふにゃ!?」

ぞくぞくっ

ハルヒ「ふぁ……」

キョン「……おい、もう終わったぞ」

ハルヒ「え……あ、うん……悪くないわね」

キョン「ようやく耳かきの素晴らしさを理解したか」

ハルヒ「あ、明日もしてもらおうかな……」

キョン「さっそく掃除癖がついたな……ん、お前なんか顔赤くないか?」

ハルヒ「……そ、そうかしら」


おしまい






333 :1 ◆/B7jgigWKk[sage]:2009/06/01(月) 19:48:23.97 ID:8WCAMmUo
<春色エイプリルフール>

~4月1日~

ハルヒ「フフフ……どれだけこの日を待ちわびたことか……」

ハルヒ「嘘をつきまくって、キョンを恐怖のどん底に突き落としてやるわ!」

ハルヒ「へっへっへっへっへ」

ハルヒ「さて、もうすぐキョンが帰ってくる頃ね」

ハルヒ「まずは、見に覚えのない疑いをかけてあたふたさせてやろっと」

キョン「ただいまー」

ハルヒ「!」

ハルヒ「(作戦決行よ!)」

ハルヒ「……」

キョン「……ど、どうしたんだよ。おかえりくらい言ってくれたっていいだろ」

ハルヒ「(怒ってるフリ……怒ってるフリ……)」

ハルヒ「ねえ、あんた今日……どこ行ってたの?」

キョン「どこってお前、仕事に決まってるじゃないか……」

ハルヒ「へえ」

キョン「……?」




337 :1 ◆/B7jgigWKk[sage]:2009/06/01(月) 19:54:13.61 ID:8WCAMmUo
キョン「変な奴だな……」

ハルヒ「あたしはてっきり、またあの女と一緒に居たのかと思ったわ」

キョン「……はい?」

ハルヒ「あたし、見ちゃったのよ、先週……あんたが知らない女と街を歩いてるところ」

キョン「……!」

ハルヒ「どういうことなのよ!答えなさいよね!」

ハルヒ「(うろたえてる、うろたえてる……ふふ)」

キョン「はあ……そうか、見ちまったか」

ハルヒ「!?」

キョン「いや、いつかはこういう日が来るんだとは……思ってたんだが……」

ハルヒ「え……?ちょっと、キョン……?」

キョン「すまん、ハルヒ……お前には申し訳ないことをしたと思ってる」

ハルヒ「え……え……」

キョン「全部俺が悪いんだ、だから、いくら責められたって仕方がない」

ハルヒ「そんな、あの」

キョン「……大事な話をしよう、ハルヒ」

ハルヒ「い、いや……なに、どういうことなのよ……」




339 :1 ◆/B7jgigWKk[sage]:2009/06/01(月) 19:59:42.96 ID:8WCAMmUo
キョン「彼女のこと、本気で愛してるんだ……だから」

ハルヒ「いや……そんなの……聞きたくない」

キョン「別れよう、ハルヒ」

ハルヒ「やだ……やだあ……」

キョン「……」

ハルヒ「なんとか言いなさいよ……そんなのあたし……」

ピリリリリ、ピリリリリ

キョン「電話、なってるぞ」

ハルヒ「いまそれどころじゃないでしょ!」

キョン「いいから見ろよ、待っててやるから」

ハルヒ「そんな……」

ピッ

From:キョン
内容:
  *     +  うそです
     n ∧_∧ n
 + (ヨ(* ´∀`)E)
      Y     Y    *

ハルヒ「!?」

キョン「4月バカというやつだ」

ハルヒ「!!」




342 :1 ◆/B7jgigWKk[sage]:2009/06/01(月) 20:10:11.69 ID:8WCAMmUo
ハルヒ「な、な、な……」

キョン「ふはは」

ハルヒ「何考えてんのよ!バカキョン!アホキョン!」

キョン「何を言う、元はといえばお前が蒔いた種じゃないか」

ハルヒ「……」

キョン「大体先週の休みはずっとお前と居たわけだが」

ハルヒ「……」

キョン「つくならもうちょっとマシな嘘をつけ、まったく……おい、聞いてるのか?」

ハルヒ「あ……あ……」

キョン「……ハルヒ?」

ハルヒ「よかったぁ……ううっ……よかった……」

キョン「な、泣くことないだろ……」

ハルヒ「だって……だって……あたし、ほんとに……ひっく」

キョン「あー、わ、悪かったよ……不謹慎だったな、俺が悪かった」

ハルヒ「うぇ……ううっ……ばかぁ」

キョン「ほらほら、もう泣くな……よしよし」

なでなで

ハルヒ「あんたなんか……だいっきらいなんだからぁ……」

ぎゅー

キョン「ああ」

ハルヒ「傍にいてほしくなんかないんだから……」

ぎゅー

キョン「そうだな」

ハルヒ「ずっと一緒に暮らさないんだからね……」

キョン「……わかってるよ」

おしまい






365 :1 ◆/B7jgigWKk[sage]:2009/06/02(火) 20:16:50.08 ID:FqtXZygo
<長門有希のお泊り>

ハルヒ「……」

そわそわ

ハルヒ「……」

そわそわ

ピンポーン♪

ハルヒ「!」

ハルヒ「キタキター!」

ガチャ

ハルヒ「いらっしゃ……ん?」

配達員「あ、宅急便ですー」

ハルヒ「……」

配達員「あのー、はんこ……」

ハルヒ「紛らわしいじゃないの!何よこんなときに!」

配達員「ひぃ!?」

キョン「おい、何もめてるんだ……」

ハルヒ「有希が来たのかと思ったら悪質なイタズラだったのよ!」

キョン「……ややこしくなるからすっこんでなさい」

ひょい

ハルヒ「わわっ」

キョン「どうもすいませんねえ、あ、サインでいいですか?」

配達員「……は、はあ」

キョン「はい、っと」

配達員「ありがとうございましたー」




369 :1 ◆/B7jgigWKk[sage]:2009/06/02(火) 20:27:48.59 ID:FqtXZygo
キョン「はー、まったく」

ハルヒ「むー」

キョン「長門は夕方にしか来ないって言ってただろう?」

ハルヒ「もしかしたらってことがあるでしょ」

キョン「お前のもしかしたらが外れるたびに来客者が怒鳴られたんじゃ、警察呼ばれたって文句言えないぞ……」

ハルヒ「……フン」

キョン「もういい大人なんだから、嬉しいのはわかるがはしゃぎ過ぎるなよ」

ハルヒ「あーあー聞こえなーい」

キョン「……イラッ」

キョン「聞き分けのない奴にはおしおきだ!」

びにょーん

ハルヒ「ひ!いふぁい、いふぁいって……ひょん!ほっふぇたひっふぁんらいれ!」

キョン「ごめんなさい、は」

ハルヒ「ご……ごめんなふぁい……」

キョン「やれやれ……」

ハルヒ「ってて……顔が伸びたらどうしてくれんのよ!バカキョン!」

キョン「さて、ところで」

ハルヒ「うー!人の話聞きなさいよ!」

キョン「一体この荷物は誰からかな、っと」

ハルヒ「あ!」

キョン「?」

ハルヒ「もしかして中に有希が隠れてたりして!サプライズね!」

キョン「こ、怖いこというんじゃない!」

キョン「……」

キョン「(まさかほんとに入ってないだろうな……)」




370 :1 ◆/B7jgigWKk[sage]:2009/06/02(火) 20:39:56.76 ID:FqtXZygo
キョン「……ああ、なんだ。うちの実家からだ」

ハルヒ「あら」

キョン「どうせまた処理に困ったお中元をそのまま送りつけてきたんだろうな……」

ハルヒ「ま、ありがたいじゃない。開けてみましょ!まだ有希が入ってる可能性も捨てきれないわ!」

キョン「それは捨てなさい!」

ハルヒ「あんた、シュレディンガーの猫って知らないの?」

キョン「……なんだ、急に」

ハルヒ「猫は狭い所が好きだから、箱があったら開けてみなさいっていうことの例えよ」

キョン「何から何まで間違っとる!」

ハルヒ「えい♪」

びりびり

キョン「ああ、包装紙は綺麗に剥がせよ……後で使うかもしれないのに」

ハルヒ「うわあ!」

キョン「な、なんだ?まさか長門が……!?」

ハルヒ「ハムよ、ハム!こんなおっきい塊の!」

キョン「おお、今回は当たりだな」

ハルヒ「肉よ!お肉!」

キョン「さっそく今日はこいつを焼くとするかね」

長門「……厚さは二センチが適切」

キョン「はは、ちょっとそれは分厚すぎないか、長門」

キョン「……」

キョン「え!?」

ハルヒ「!!」

長門「……久しぶり」

ハルヒ「きゃー!有希!有希!」

キョン「い、いつの間に……」




371 :1 ◆/B7jgigWKk[sage]:2009/06/02(火) 20:52:31.18 ID:FqtXZygo
長門「……呼び鈴を押しても反応がなかった」

キョン「ああ、すまん……こいつがぎゃあぎゃあと騒いでたから……」

長門「……話し声が聞こえたので、中に入った」

キョン「うん、いらっしゃい」

長門「……コクリ」

ハルヒ「久しぶりぃ!有希ー♪」

がばっ

長門「!?」

ハルヒ「んー……」

すりすり

長門「……お邪魔します」

キョン「ほら、ハルヒ。長門も疲れてるだろうから、離れなさい」

ハルヒ「やーよ!バカキョン!」

長門「……問題ない」

ハルヒ「ほら見なさい!有希がこう言ってるのよ!」

ぎゅー

長門「……♪」

キョン「やれやれ」




376 :1 ◆/B7jgigWKk[sage]:2009/06/02(火) 21:03:20.11 ID:FqtXZygo
~その晩~

長門「……もぐもぐ」

キョン「しかし、まあ」

長門「……ぱくぱく」

キョン「相変わらずよく食べるなあ」

長門「……そうでもない」

キョン「そこまでいくと感心するな」

ハルヒ「どう、有希?あたしの特製料理の数々は」

長門「……とても、おいしい」

ハルヒ「きゃー!有希大好き!」

ぎゅー

キョン「お、おい、食事中だぞ……」

ハルヒ「うるさいわね、外野は黙ってなさいよ……」

キョン「が、外野……」

長門「……もぐもぐ」




387 :1 ◆/B7jgigWKk[sage]:2009/06/03(水) 00:17:39.51 ID:tAUnU2Uo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ハルヒ「じゃ、あたしお風呂入ってくるわね」

キョン「おい、洗い物終わってからにしてくれよ、お湯使えないだろ」

ハルヒ「うるさいわね、水で洗いなさいよ軟弱物!」

キョン「やれやれ……」

ハルヒ「有希も一緒に入る?」

長門「……いい、私は後で」

ハルヒ「あら、そう……残念ね」

キョン「子供か、お前は」

ハルヒ「何よ、あんたがおっさんになっただけでしょ」

キョン「まあ、否定はできないな」

ハルヒ「さーてお風呂お風呂」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
キョン「はー……ほら長門、お茶入ったぞ」

長門「……コクリ」

キョン「……なあ、前から気になってることが一つあるんだ」

長門「……なに」

キョン「中学一年生の夏……いや、俺は高校一年生だったんだが、ええい何と言えばいいか、つまり」

キョン「要するに、俺とお前が時間軸的に初めて出会ったときのことだ」

キョン「当時の俺から数えて三年前だというのに、お前はまったく変わらない姿だった気がするんだが」

長門「……コクリ」

キョン「だが、今のお前はどうだ?俺にはどう考えても、お前が歳を取ってるように思えてならない。俺達と同じようにな」

長門「……涼宮ハルヒの力の消滅を確認してからも、私には動向の観察のため待機命令が出ている」

長門「……私は対有機生命体コンタクト用ヒューマノイドインターフェース。……自然に社会に溶け込む必要があった」

キョン「……なるほど」

キョン「たしかに、俺達と関わっていく以上、いつまでも同じ姿のままじゃ誰だって不審がるものな」

長門「……コクリ」




390 :1 ◆/B7jgigWKk[sage]:2009/06/03(水) 01:45:42.99 ID:tAUnU2Uo
キョン「わざわざ仕事に就いているのもそのためか?」

長門「……そう。……でも、私という個体にとって、この星での一般的な社会生活をこなすことが非常に興味深いというのもある」

キョン「どこぞの缶コーヒーのCMみたいだな」

長門「……彼は親戚」

キョン「!?」

長門「……嘘」

キョン「そ、そうか」

長門「……コミュニケーションを円滑にするのに、ジョークは必要」

キョン「そ、そうだな……」

長門「……」

キョン「(あながち冗談とも言いがたい気がするんだが……あまり深く触れないでおこう)」

ハルヒ「ふぃー!気持ちよかったー!」

キョン「……うるさいやつが帰ってきたようだ」

ハルヒ「ビール!冷たいビール!」

キョン「バスタオル一枚でふらふらしちゃいけません、みっともない!」




392 :1 ◆/B7jgigWKk[sage]:2009/06/03(水) 02:03:29.20 ID:tAUnU2Uo
~深夜~

ハルヒ「んー……」

キョン「おお、もうこんな時間か」

ハルヒ「そろそろ寝ましょうか……ふぁ」

キョン「そうだな」

長門「……コクリ」

ハルヒ「んふふ、今日はあたしと有希はソファで寝るからね!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

キョン「……」

キョン「当然のことなんだが……わかっていてもなんだか寂しいものがあるな」



ハルヒ「んふふー」

ぎゅー

長門「……」

なでなで

ハルヒ「んー……えへへ、もっと撫でてー」



キョン「俺も長門に頭撫でられたい……ちくしょう、二人でキャッキャウフフしやがって」

キョン「こう、両手でそれぞれ腕枕なんかして……なんて」

キョン「……もう寝よう」




393 :1 ◆/B7jgigWKk[sage]:2009/06/03(水) 02:31:41.92 ID:tAUnU2Uo
~翌朝~

キョン「おーいお前ら、起きろ……って」

ハルヒ「くー……くー……」

長門「すぅ……すぅ……」

キョン「なんだか微笑ましいなあ」

キョン「……もうちょっと寝かしといてやるかね」

~後日~

ハルヒ「また有希が泊まりに来るわよ!」

キョン「誰に説明しとるんだ、お前は」

ピンポーン♪

ハルヒ「有希ー!……って」

配達員「……あ、あのですね」

ハルヒ「あんたいい加減にしなさいよ!……きゃ!?」

ひょい

キョン「はいはい、すいませんね毎度毎度。サインでいいですか?」

配達員「(もうこの家いや……)」

キョン「しかしやたら大きい荷物だな……」

ハルヒ「なんだろ……あれ、なんかこの箱震えてない?」

キョン「え」

バリバリバリッ

長門「……お邪魔します」

キョン「!?」

長門「……サプライズ」

ハルヒ「きゃー!有希、やるじゃないの!」

キョン「えっなにそれこわい」

おしまい






・ニュース速報VIP板 ハルヒ「もう生きててもいい事ない……」
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1243700468/l50
・パー速 ハルヒ「もう生きててもいい事ない……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1243772707/l50


拍手する

■この記事へのコメント

  1. ■Re: ハルヒ「もう生きててもいい事ない……」 その3+おまけ [くるくる名無しさん]

    や、やるじゃないの。
    おもすれー
  2. ■Re: ハルヒ「もう生きててもいい事ない……」 その3+おまけ [くるくる名無しさん]

    良かった!(*´∀`)
  3. ■Re: ハルヒ「もう生きててもいい事ない……」 その3+おまけ [くるくる名無しさん]

    小泉いねえw
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 


新着記事ヘッドライン
2chnavi  R-navi-  ブーンあんてな  R★S Portalish  2ちゃんマップ  2chまとめブログリンク集  ( ^ω^)系小説:ぶんてな
麻呂アンテナ
2chまとめ・いろいろ 2chまとめ・VIP系

2chまとめ・ニュース系 2chまとめ以外(動画・記事紹介など)

新規2chコピペブログ(09年1月~5月開設分)  Special Thanks to 1年前のまとめブログ

検索フォーム

カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

お知らせ・独り言

ここより面白いコピペブログなんて沢山あるよ

( ^ω^)ブーンがRPGになったお!
天空のブーンDLサイト
ブーンRPGまとめwiki

09年新規2chブログ一覧
1年前のまとめブログさんです)

・09年1月までの新規ブログまとめ
8~10月11月12月1月

10/12
不具合発生中。HTMLタグのどこをミスしているのかわからない……(´;ω;`)

7/9
更新したいとは思っているんよ( ´・ω・)
ヤクルトが首位に立ったら本気出す。

6/20
今日はデントナ様祭りや━(゚∀゚)━!

ドラちゃんの記事に丸一日使いましたが、ごちゃごちゃ見辛い編集で何だか申し訳ないです。それでも米を残してもらうのは嬉しい。

6/18
魔将様サヨナラ弾キタ━(゚∀゚)━!

6/18
自分(達)がどんなに良いと感じていても、全ての人が同じように受け止めるとは限らないんだよねぇ。

6/17
暑いのは割と大丈夫ですが、エアコンをガンガン利かせた部屋との温度差で死にそうです。
皆様も体調にはどうかお気をつけてください。

5/31
マユミ・マユミとかタマキ・タマキって書くと、富野アニメに出てきそうなキャラクターっぽくなるよね。どうでもいいけど。

5/31 午前
過去記事再編集のため、一時閲覧できなくなったかもしれません。ごめんなさい。

( ^ω^)系やSSの長編・連載物をどこで分割しようか非常に悩んでます。どう編集するのがベストなんだ…

5/28
本格的に
ネタが
ない


今週は2chの巡回をあまりしなかったから仕方ない。この土日はサイドバー整理に費やそうそうしよう。

5/28
家を出る直前になってサイドバーのopen/closeがきちんと機能してないのに気付いたよ… 帰ったら修正します。

5/27
なんかお茶犬みたいな配色になった。

5/24
テンプレの配色をどうすべきか・・・半年やってんのに未だに悩み中。

5/21
短レスの
ネタが
無い


5/18
大矢監督辞任・・・お疲れ様でした。

5/17
5月の検索キーワード1位が「おこられサロン」です。訳がわからん。

5/16
すぺしゃるさんくすの使い方ってあれでいいんだろうか。英語が苦手すぎて自信がない。

5/13
何もしないでボーっとしてたら5月になってた。死にたい。

これから数日かけてリンクの整理やら改装やらをしたい。更新はちびちびと。


3/25
都合により「web拍手」を一度リセットしました。これまで記事全体で278拍手、ブログとしては32拍手頂きました。ありがとうございます。

・・・って、本来なら自分ではなく2ちゃんねるに書き込みされた方々が受け取るべき拍手なんですけど。

2/10
昨日ユニークアクセス数10万越えました。

いつも見に来てくださる皆様、他のブログ様、そしてなにより2chを利用している全ての方々に多大なる感謝を!

のんびりまったりコソコソ地味に、これからも更新を続けていきたいと思いますので、 今後とも「くるくる羅針盤」をどうぞ宜しくお願いします。


プロフィール

kuru

Author:kuru

詳しくは当ブログについて

管理人へメール

ユーザータグ

野球 



あわせて読みたい

なんか色々

◆ブックマーク


◆RSSリンクの表示
最近記事のRSS

◆はてなブックマーク数
このブログのはてなブックマーク数

◆フィードメーター
フィードメーター - くるくる羅針盤

◆ブログランキング


◆googleページランク
google pagerank

◆web拍手
拍手する

いくつになったの

カウンター

・トータルアクセス数


・ユニークアクセス数


・現在の閲覧者数

Team 2ch @ BOINC

待ち続けている人がいる。
だから僕らは回し続ける。
~まだ見ぬ誰かの笑顔のために~

banner-88.gif
CPUの時間
ちょっとだけ
貸してください
(BOINC Team 2ch Wiki)





クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。