色々と放置しつつ更新中。
新着記事ヘッドライン
2chnavi  R-navi-  ブーンあんてな  R★S Portalish  2ちゃんマップ  2chまとめブログリンク集  ( ^ω^)系小説:ぶんてな 麻呂アンテナ 
ショボンあんてな(´・ω・`)
2chまとめ・いろいろ 2chまとめ・VIP系

2chまとめ・ニュース系 2chまとめ以外(動画・記事紹介など)

新規2chコピペブログ  Special Thanks to 1年前のまとめブログ

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する

■('A`)ドクオは土砂崩れに巻き込まれたようです

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 19:24:14.70 ID:XuzYq/9W0

山が動いたぞ、と誰かが叫んだ。
次の瞬間にはもう、トンネルを支える支柱が次々と音を立てて折れていった。
現場監督である俺は、すぐさま奥にいる奴らに避難を呼びかけた。

その結果がこのざまだ。

('A`)「どうすっかな……」

通路は完全に土砂でふさがれていた。
かろうじて俺のいる地点は支柱が生きていたから良かったものの
いつ崩れてもおかしくはない。

('A`)「クソ。だから竹林の下を掘るのは嫌だったんだ」

(^ω^)「なんで竹林の下はだめなんすかwwwwwwwwwww」

('A`)「地盤が緩いんだよ。竹は水分が多い土で育つからな」

(^ω^)「何その豆知識wwwwwwwパねぇっすwwwwwwww」



2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 19:27:29.80 ID:XuzYq/9W0

('A`)「これくらい常識だろ。というかだな」

俺はそっと振り返る。

('A`)「お前は誰だ」

(^ω^)「ブーンだすwwwwww」

そこには、妙ににやけ面の若者がいた。

('A`)「逃げ遅れたのか。まったく、とろい奴だな」

(^ω^)「先輩だって同じじゃないっすかwwwwあサーセンwwwwォライォライwwww」

(;'A`)「大声を出すな馬鹿。崩れたらどうするんだ」

(^ω^)「したっすwwwwォライwwwwwwォライwwwwwwww」



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 19:30:42.75 ID:XuzYq/9W0

変な奴だ。まぁ、今時の若者は全員わからん。
俺は相手にするのをやめて、土の壁を調べることにした。
少量、手で握って感触を確かめる。

('A`)「やはりか」

(^ω^)「何がっすかwwww食うんすかそれwwwww」

('A`)「誰が食うか阿呆。土砂崩れの原因を調べてたんだよ」

(^ω^)「地震っすよwwwwww」

('A`)「違う。これを見てみろ」

土の塊を若者に渡した。

(^ω^)「うめぇwwwwwwまじぃwwwww」

('A`)「誰が食えといった」



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 19:32:25.73 ID:JCD0LqyeO
食うなwww


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 19:33:48.07 ID:yP9wHQBg0
こっちみんなwwww


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 19:34:41.50 ID:HGJc4qgCO
いい加減右向け


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 19:35:19.10 ID:XuzYq/9W0

(^ω^)「なんなんすかwwwwww」

('A`)「自分で考えろ、といいたい所だが、冥土の土産に教えてやるか」

俺はその場に座りこんだ。
煙草を取り出そうとするが、酸素を消費するのはまずいと判断し
口にくわえるだけにした。
救助がくるまでどれくらい時間がかかるか分からないが
数秒の時間が生死を分けることは珍しくない。

('A`)「恐らく、土砂崩れの原因は土の膨張だ」

(^ω^)「膨張っすかwwwwww」

('A`)「膨らむ事だぞ。わかってるのか?」

(^ω^)「風船wwwwwwwwww」

俺は無視して話を進めた。この若者には話しても分からないだろうが、
原因を誰かに話したかった。要するに、最後の自己満足というやつだ。

('A`)「中に空気の穴が出来ちまったんだよ。だから膨らんで、支柱をへし折った。
    クソ、最近、雨が降っていやがったからだ」



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 19:39:53.86 ID:XuzYq/9W0

(^ω^)「神の怒りっすねwwwwww」

('A`)「そうかもな」

天下分け目の天王山にでっかいトンネルを掘ろうというのだ。
神の逆鱗に触れたといわれると、妙にしっくりくるのも歴史の深さ故か。

('A`)「普段は神も仏も信じないんだがな。
    苦しい時は、ついつい神に助けをこいちまうぜ」

(^ω^)「腹痛いんすかwwwwwwくせぇwwwww」

('A`)「確かに腹痛の時も神に祈るが、今の状況はそれ以上だろjk」

(^ω^)「え?wwwww救助は?wwwwww」

('A`)「二次災害の恐れもある。しばらくは来ないだろうな」



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 19:45:21.67 ID:XuzYq/9W0

トンネル災害の際、最も恐ろしいのは二次災害だ。
無理に土砂をどかせば、バランスが崩れてしまう。
外の天候が悪ければなおさらだ。

('A`)「つまり、しばらくは来ないって事だ」

(^ω^)「まじかwwww暇すぐるwwwwwwwwwww
      先輩なんか漫画もってないっすか?wwwォライォライwwww」

('A`)「……心配するのはそこじゃないだろ」

何なんだ、こいつは。俺は思わずため息をついた。
最近の若者は、命の危機だということにすら気付かないのか。
まあ、ここで働いているのだ。おつむはあまりよくないのだろう。

('A`)(しかし、その方がかえって幸せかもな)

俺は背中に伝わる土の冷たい感触に身を任せ、静かに瞼を閉じる。
頭の中に思い浮かんだのは、実の兄の事だった。



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 19:53:13.03 ID:XuzYq/9W0

幼い頃に父をなくした俺は、兄と一緒に野菜の運搬の仕事についた。
毎日、雨の日も風が強い日も、オート三輪に乗って八百屋に荷物を運び続けた。

楽な仕事ではなかった。
舗装されていない道は、雨が振るとすぐにタイヤが埋まってしまい
その度にスコップで土を掘り返した。

(´・ω・`)「こんなきつい仕事をするのは俺だけでいい。お前は大学にいけ」

二年ほどした後、兄はそう言って俺を大学にいかせてくれた。
大学で勉強をしている間、兄は必死に悪路と戦いながら、野菜を運び続けた。

だからこそ、俺は日本の道路を何とかしたい、と思いこの会社に入った。
そんな矢先に、でかい仕事がやってきた。
何でも名古屋までつながる高速道路を国が作ろうという話だ。

俺はすぐに手を挙げた。
兄の為に、少しでも日本の流通を良くしようと思っての
奮起だった。



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 19:57:38.95 ID:XuzYq/9W0

名神高速と呼ばれるこの高速道路。
工事は一筋縄ではいかなかった。

工費は110億円以上といわれ、
世界銀行から融資をうけ、ようやくここまでやってきた。

生活道路を妨げないために作られた盛土は7メートルを超え、
その様は中国の万里の長城とさえ言われた。

日本の流通をかけた大工事に、お役人も職人も関係なく、皆が必死に動きここまできた。
だからこそ、こんなところでくたばるわけにはいかなかった。

('A`)(俺はまだやるべきことがある。俺がいなけりゃ、誰がこのトンネルを掘るってんだ)

(^ω^)「タイガー博士の珍旅行よみてぇwwwww」



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 20:01:09.27 ID:XuzYq/9W0

('A`)(しかし……)

うかつに動くのは危険だ。
今、かろうじてもっている支柱。
これが折れれば、俺達は土の下に埋葬されてしまう。

('A`)「くそ……打つ手なしか」

(^ω^)「あwwwww先輩はアトム派っすかwwwサーセンwwwww」

こいつは……。

('A`)「いい加減にしろ。死にたいのか」

(^ω^)「すません」

('A`)「……」

(^ω^)「……」

お互いに黙り込むと、俺の脳裏に死の影が過ぎった。
体が震え始める。寒さからくる震えではなく、もっと原始的な
死への恐怖からくる、震えだった。



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 20:05:07.19 ID:XuzYq/9W0

このままではマズイ。
精神的に弱れば、体力の減りも格段に早くなってしまう。
俺は雑談をすることにした。喋ることで、気を紛らわす。

('A`)「お前はなんでこの工事に参加したんだ」

(^ω^)

('A`)「金が良かったからか?」

(^ω^)

('A`)「おい……。喋ってもいいぞ」

(^ω^)

('A`)「お……い? おい、しっかりしろ!!」

様子がおかしい。膝を組んだまま微動だにしない。
慌てて肩を掴み体を揺らす。
冗談だろ? やめてくれ。頭の中がごちゃごちゃになり、体の震えがもどってくる。



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 20:05:48.64 ID:JCD0LqyeO
まかさ……


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 20:07:46.14 ID:r3S2xDUT0
マッカーサー・・・


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 20:07:52.09 ID:XuzYq/9W0

(^ω^)「はっ!?」

(;'A`)「大丈夫か!?」

(^ω^)「ね……」


(^ω^)「寝てたwwwwwwwwwww」

('A`)「……」

俺は思い切りブーンの頭をはたいた。

(^ω^)「いてぇwwwwwwwwwwwww」

(#'A`)「死んだかと思っただろうが! まったく紛らわしい」

(^ω^)「あれ?wwww寂しかったんすかwwwww意外wwww」

('A`)「俺の管轄で死人が出たら経歴に傷がつくからな。俺の眼が黒いうちは誰も死なせん」

(^ω^)「腹黒wwwwwwwwwwww」



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 20:11:26.83 ID:XuzYq/9W0

('A`)「とにかく、何か話すぞ。黙り込んでいたら気が狂っちまう」

(^ω^)「了解っすwwwwwwwww」

('A`)「で、さっきの質問だが、なんでお前は工事に参加したんだ?」

(^ω^)「俺のドリルは天をつらぬくwwwwwwwwwww」

('A`)「何いってんだ」

(^ω^)「俺TUEEEEEwwwwwwみたいなwwwwwでもドリル触らせてもらえなくてかなしすwwww」

('A`)「若造にドリルなんぞ握らせるか阿呆。スコップで我慢してろ」

(^ω^)「ブーンは力を溜めているwwwwwww」

('A`)「まるで会話のドッジボールだな」



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 20:13:54.04 ID:XuzYq/9W0

(^ω^)「ドッジしたいんすか?wwwwwww」

('A`)「そういう事じゃない」

(^ω^)「うどんくいてぇえええええwwwww腹減ったwwwww」

('A`)「確かに腹はへったな。水ならあるぞ」

(^ω^)「聖水はちょと勘弁っすwwwwwサーセンwwwwww」

('A`)「土から搾り出す。腹壊すだろうが、唇くらいは濡れるだろ」

(^ω^)「土汁wwwwwwwwwww」



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 20:15:15.24 ID:FGOjjr600
土汁wwwwwwwwwwwww


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 20:17:31.07 ID:XuzYq/9W0

('A`)「工事、どうなるんだろうな」

(^ω^)「わかんねっすwwwwwwwwwww」

('A`)「再開しても、支柱がまた折れたら意味が無い。折れない支柱を考えないと」

(^ω^)「折れない心wwwwwwwww」

俺は顎に手を当てて、支柱を見やる。
アーチ状に組み込まれた支柱は、膨張した土に押し出され今にも折れそうだった。

('A`)「もっと頑丈なものじゃないとだめだな。しかし頑丈なものか」

(^ω^)「金とかどうすかwwwww」

('A`)「この国を破産させる気かお前は」

(^ω^)「じゃあダイヤモンドwwwwwwwwwwキラッ☆wwww」



48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 20:23:09.35 ID:XuzYq/9W0

阿呆は放っておいて、俺は考える。
こんな生きて帰れるかもわからない状況でも工事の事を考えてしまのは
工期の問題が何よりも大きかったからだ。

工期が一日長引くごとに多大な金が流れていく。

一日も無駄に出来なかった。
だからこそ、今、事故の現場に最も近い俺が対応策を考えねば。

(^ω^)「銀wwwwwww」

('A`)「もっと頑丈なもの。何かないのか」

(^ω^)「銅wwwwwwwwwwww」

('A`)「いや、それとももっと別の方法はないのか……?」

(^ω^)「鉄wwww鋼wwwwwwww」

('A`)「鋼?」



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 20:23:36.44 ID:CzWT77fzO
鋼?


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 20:24:38.84 ID:ABE8LNzy0
活路が開けたか?支援


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 20:26:23.04 ID:XuzYq/9W0

ふと頭に何かが過ぎった。
そういえば、H鋼と呼ばれるH型の資材の耐久性は、とても高いと聞いたことがある。

('A`)「H鋼をつかえば……いや、しかし」

H鋼は直線。
トンネルの支柱にするにはアーチ状でなければならない。
鋼にアーチを描かせるなど、あまりにも無謀だ。

('A`)「これは無茶か」

(^ω^)「無茶を通せば道理がひっこむwwwwwwwwww」

('A`)「……」



68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 20:46:05.73 ID:XuzYq/9W0

別にこいつの発言に感化されたわけではないが
ふと思いつきで想像してみる。

('A`)(H鋼を上からプレス機で押して曲げられないだろうか)

いや、ダメだ。
棒状のものを押せば曲がるなど、小学生の考え方だ。

('A`)「ダメだ。鋼のことはわからん」

俺は頭の後ろに手を組んで、壁によりかかった。
何を考えてるんだか。



73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 20:52:02.16 ID:XuzYq/9W0

(^ω^)「餅は餅屋にまかせましょうwwwwwwwwww」

('A`)「鉄鋼業者にか? 鼻で笑われるのがオチだな」

そんな時だった。
妙に息苦しいと感じたのは。

(;'A`)「な、なんか息が苦しくないか?」

(^ω^)「まじっすか?wwwww」

(;'A`)「やばい……酸素が薄くなってきてるんだ!!」

もう四の五の言ってる暇はなかった。
出口を塞ぐ土砂をスコップで掘りどかす。

(^ω^)「ちょwwwww」

(;'A`)「土砂崩れの危険なんか知るか! 早くお前も手伝え!」



74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 20:54:15.26 ID:aSZwXpQ60
実際ブーンみたいな奴がいた方が助かるのかもしれないな


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 20:55:35.03 ID:JCD0LqyeO
堅苦しいより多少アホな方が良いよね


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 20:57:49.56 ID:XuzYq/9W0

(^ω^)「俺のスコップで土を貫くwwwwwww」

(;'A`)「急げ急げ急げ! 窒息するぞ!」

土を掘ってもまた崩れ、また崩れの繰り返し。
しかしそれでも、俺は手を休めることが出来なかった。

こんな所で死にたくはない。
俺にはまだやるべき事が沢山あるんだ。

(^ω^)「無理っすよwwww諦めましょうよwwwwwww」

(;'A`)「馬鹿野郎! こんなとこで死ねるかよ……!
     ここのトンネルを掘らなかったら、いつまでも日本は」

お偉いさん方の会話を思い出す。
世界銀行の調査団に散々な事を言われたと。

「日本ほど道路を無視した途上国はない」

そんな事を言われたそうだ。



80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 21:03:30.21 ID:XuzYq/9W0

悪路で今も運搬業を続ける兄の姿が思い浮かんだ。

(´・ω・`)「これから日本は成長するぞ。大和魂ってのは、逆境であればあるほど燃え上がるんだ」

その為にも、俺に頑張れと言ってくれた。

お偉いさんの言葉が頭に過ぎる。
彼らは役人のくせに、熱い情熱を持った奴らだった。

( ・∀・)「同じ途上国のドイツは、高速道路で外貨を稼いでいる。
     追従するのは、この日本であるべきだ」

国を背負った大役。その責任は、俺の命よりも重い。

(;'A`)「だから、死ねるか! こんなとこで死ねるか!」

わめきながら、掘った。
崩れても崩れても、俺は掘り続けた。



81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 21:06:49.26 ID:XuzYq/9W0

(^ω^)「もうやめましょうよwwww無理っすよwwww」

(;'A`)「はぁ、はぁ」

(^ω^)「よく頑張ったwwww感動したwwwww」

(;'A`)「……」

(^ω^)「ね? もういいでしょう? ちょっと休もうぜwwwww」

スコップを動かす手が止まる。
手が痛い。
酸欠で頭も痛い。

(;'A`)「でも、俺がいなくなったら工事が」

(^ω^)「誰かやるってwwwww代わりはいくらでもいるものwwwww」



86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 21:14:51.86 ID:xBgt5oZsO
このドクオの情熱…嫌いじゃない


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 21:18:43.73 ID:bpXwylyE0
草はやしすぎだろwwwwwwwwwwwwwwwww


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 21:20:55.32 ID:BTrXKp0nO
ブーンwwwwwwwww


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 21:22:07.04 ID:T7p9VIQw0
ブーンの言う通りだ


130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 00:19:26.38 ID:XuzYq/9W0
(;'A`)「ふざけんな!俺がやらないで誰がやるんだ!」

掘る。掘る。掘る。
ただひたすらに。
ただ生きるためだけではない。
この国家プロジェクトを最後まで見届けるために。

(^ω^)「必死だなwwwwwwwwwwwwww」

(;'A`)「形振りかまってられるか」

(^ω^)「wwwwwwww」

(;'A`)「ハァハァ・・・おまえも手伝え・・・」

(^ω^)「だ が 断 るwwwww」



132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 00:28:45.40 ID:XuzYq/9W0
もうだめだ。
目の前が霞む。
1m先もよく分からない。
手は痺れ、指先の感覚はいつしか消えていた。

(; A )「くそったれが…こんな……ところで…
     くたばるわけには…いかないんだ……」

(^ω^)「先輩ってどうしようもない人っすねwwwwプゲラwww」

(; A )「…うる…せ…え………」

意識が遠のいていく。
これが死ぬってことなのか。
兄さん、楽させてやれなくてごめ…ん……

( A )

(^ω^)「………」



134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 00:34:26.54 ID:XuzYq/9W0
( ^ω^)「ふぅ」

( ^ω^)「この男にはもう少し働いてもらおうかお」

( ^ω^)「ここまで馬鹿な人間は久しぶりだお」

( ^ω^)「……」

( ^ω^)「日本の道路は」

( ^ω^)「この男に任せておくお」

( ^ω^)「よっこらセクロスwwwww」


―――――――――――
――――――――
―――――
――



135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 00:39:33.58 ID:ppWLfx1uO
む?


136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 00:40:06.49 ID:Da9UgNDE0
これは・・・


137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 00:41:23.02 ID:XuzYq/9W0
( A )

俺は死んだのか?
ベットに寝転んでいるような居心地。
辺り一面が白に包まれ眩しいまでの光が差し込む。
ここは天国か?

( ω )「…!……!!」

誰かが何かを叫んでいる。

(´ ω `)「…オ!ド……!」

俺はこいつを知っている。

(´;ω `)「ド…オ!……ドク…!」

誰だ。おまえは誰だ。

(´;ω;`)「ドクオ!起きてくれよドクオ!」

にいさん…?



140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 00:52:31.63 ID:XuzYq/9W0
('A`)「に…いさ…ん?」

(´;ω;`)「ドクオ!11!1!気がついたのか!
       ちょっと待ってろ先生呼んでくるから!!!」

そう言って部屋から飛び出していく兄さん。

('A`)

なんでだ。
俺は死んだはずじゃ…

('A`)「俺、生きてる…んだよな?」

(;´∀`)「…奇跡モナ」

(´;ω;`)「うおーーーーーー!
       よがっだーーーーー!!1!1」

俺を見るなり奇跡と呟く白衣のピザ。
そして唖然とする医者の隣で叫びまわる兄。



142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 01:08:05.03 ID:XuzYq/9W0
―――――――――――
――――――――
―――――
――

('A`)「つまり俺は助かったのか」

ここは病院らしい。
土砂崩れが起きた後、現場の作業員達が一丸となって
俺を救出してくれたらしい。
発見された時の俺は、土砂崩れ発生からから6時間も
経過しており、すでに昏睡状態だったようだ。

(;'A`)「よく生きてたな…」

(´;ω;`)「お前が事故に巻き込まれたって連絡が来たときは
       本当に驚いて…急いで病院に駆け付けたんだが…ウッ」

('A`)「心配掛けてごめん」

( ´∀`)「実際担ぎ込まれた時はかなり危なかったったモナ。
      そもそも、土砂崩れで何時間も幽閉されてた時点で
       事切れててもおかしくなかったモナよ」

('A`)「自分でも死を覚悟しました」

( ´∀`)「そんな状態から回復するだなんて奇跡としか言いようがないモナ。
       よほど生きることに対する執着があったモナね」

('A`)「……」



144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 01:15:07.30 ID:XuzYq/9W0
生きることに対する執着か――。

('A`)「確かにそれはありましたね」

( ´∀`)「なんにせよ無事意識を取り戻したからよかったモナ」
      
( ´∀`)「ただ、意識はしっかりしているようだけど、酸欠による脳への
      ダメージや後遺症も全くないとは言い切れないから、検査入院してもらうモナ」

('A`)「わかっています」

('A`)「ところで」

('A`)「若い作業員の彼はどうなりました」

( ´∀`)「え?」



146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 01:24:07.21 ID:XuzYq/9W0
('A`)「だから若い作業員ですよ」

('A`)「ほら、恰幅のいいニヤケ顔のやつ」

('A`)「…まさか」

( ´∀`)

( ´∀`)「君は何を言ってるモナ?」

( ´∀`)「ここに運ばれてきたのは君一人モナ」

('A`)「え?」

( ´∀`)「そもそも事故に巻き込まれたのは君一人モナ」

('A`)「え?いや、だって。え?」

( ´∀`)「やっぱり多少意識が混乱しているようモナ。
       早いうちに精密検査もやっとくモナ」

(´・ω・`)「ドクオ、とりあえずちゃんと検査してもらっとけ。
       会社には俺が連絡入れといてやるから気にせず治療に専念しろ」



147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 01:27:30.04 ID:XuzYq/9W0
どういうことだ。
頭の中が混乱する。
閉じ込められた時、俺はあいつと一緒だった。
笑ってばかりで意味の分からないことを口走っていたはずだ。
事故による意識の乱れなのか?
いや、そんなはずはない。
確かにあいつはいたはずなのに…

―――――――――――
――――――――
―――――
――



149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 01:33:52.31 ID:XuzYq/9W0
―数か月後―

('A`)「お疲れさんでした」

俺は現場に戻った。
精密検査の結果、全く異常はないと診断された。
医者は俺が退院するまでことごとく「奇跡、奇跡」と言っていた。
奇跡の生命力。
奇跡の後遺症なし。
奇跡の回復力。
最終的には婦長さんにまで「あなたの存在自体が奇跡」といわれる始末。
余計なお世話だ。



153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 01:42:11.14 ID:XuzYq/9W0
('A`)「今日も一日よく働いたわ」

現場に復帰して、まずあの男を探した。
名簿も隅々まで見渡しても、それらしき人物はどこにもいなかった。
作業員一人一人にも尋ねて回った。

(-@∀@)「見たことないですね」

(=゚ω゚)「知らなぃょぅ」

(,,゚Д゚)「まだ、後遺症が残ってんじゃねえのか!ギコハハハハハww」

誰一人と彼のことを知らなかった。



156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 01:57:49.94 ID:XuzYq/9W0
('A`)「やっとここまできたか」

今となってはあの時の男が、何者なのか調べることはできない。
朦朧とする意識の中で作りだした幻想だったのかもしれない。
そう考えたほうが合理的であるし納得もできる。

('A`)「……長かった」

しかし、俺はそうとは思わない。
あいつが俺を助けてくれたんじゃないだろうか。
意識が途切れる直前、あいつが俺に触れながら何かつぶやいていた気がするからだ。
こんな事を他人に言っても鼻で笑われるだけだろう。
だから俺は、一人心の中で感謝する。

('A`)「助けてくれてありがとう」



157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 02:05:56.02 ID:XuzYq/9W0
('A`)「そして」

(;A`)「今日という日に生きて立ち会えたのも、お前のおかげだ」

(;A;)「ありがとう」

1965年
7月1日
名神高速全線開通















( ^ω^)「ぶえっくっしょいいいいい」

(^ω^)





158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 02:07:11.71 ID:MldgylYoO
こっちみんな


159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 02:09:44.64 ID:sDj1thXX0
こっちみんな


160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 02:12:53.09 ID:QURrMve2O
こっちみんな


162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 02:17:17.79 ID:XuzYq/9W0
( ^ω^)「おっおっおっwwwwww」

( ^ω^)「ついに名神高速も開通したかおwwwwww」

( ^ω^)「あいつに任せてよかったお」

( ^ω^)「流石、土木の神ブーンだお。先見の明があるおwwwww」

( ^ω^)「生き埋めになった時は焦ったけどなwwwwww」

( ^ω^)「さてさて次は」

( ^ω^)「大阪万博の手助けでもしてくるかおwww」

( ^ω^)「おっおっおっwwwwww」

ω^)ノシ「ばいぶーwwwwww」




おわり








163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 02:26:30.64 ID:Gh1LQqziO



164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 02:29:03.35 ID:3Mgqze62P

土方の人?


165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 02:31:55.83 ID:XuzYq/9W0
>>164
違います
みなさんお気付きの通りのっとりですごめんなさい


167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 02:44:01.29 ID:PP45VO9hO



H鋼・・・


168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 02:53:18.39 ID:XuzYq/9W0
>>1さんがこのスレを見ているなら勝手に乗っ取ったことを
ここに深くお詫び申し上げます

>>167
ググったけど分かりませんでしたのでスルーしましたごめんなさい





ニュース速報@VIP板 ('A`)ドクオは土砂崩れに巻き込まれたようです
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1249467854/l50

【関連】※敬略称です
◆川 ゚ -゚)クーは土方のようです
 -長岡速報文丸新聞まとめブログを武器に蛇屋ブーン系小説に花束を

拍手する

■この記事へのコメント

  1. ■ [くるくる名無しさん]

    ドックンドックン~!ふぅん!にゃーんにゃーん
    道も善し悪し
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 


新着記事ヘッドライン
2chnavi  R-navi-  ブーンあんてな  R★S Portalish  2ちゃんマップ  2chまとめブログリンク集  ( ^ω^)系小説:ぶんてな
麻呂アンテナ
2chまとめ・いろいろ 2chまとめ・VIP系

2chまとめ・ニュース系 2chまとめ以外(動画・記事紹介など)

新規2chコピペブログ(09年1月~5月開設分)  Special Thanks to 1年前のまとめブログ

検索フォーム

カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

お知らせ・独り言

ここより面白いコピペブログなんて沢山あるよ

( ^ω^)ブーンがRPGになったお!
天空のブーンDLサイト
ブーンRPGまとめwiki

09年新規2chブログ一覧
1年前のまとめブログさんです)

・09年1月までの新規ブログまとめ
8~10月11月12月1月

10/12
不具合発生中。HTMLタグのどこをミスしているのかわからない……(´;ω;`)

7/9
更新したいとは思っているんよ( ´・ω・)
ヤクルトが首位に立ったら本気出す。

6/20
今日はデントナ様祭りや━(゚∀゚)━!

ドラちゃんの記事に丸一日使いましたが、ごちゃごちゃ見辛い編集で何だか申し訳ないです。それでも米を残してもらうのは嬉しい。

6/18
魔将様サヨナラ弾キタ━(゚∀゚)━!

6/18
自分(達)がどんなに良いと感じていても、全ての人が同じように受け止めるとは限らないんだよねぇ。

6/17
暑いのは割と大丈夫ですが、エアコンをガンガン利かせた部屋との温度差で死にそうです。
皆様も体調にはどうかお気をつけてください。

5/31
マユミ・マユミとかタマキ・タマキって書くと、富野アニメに出てきそうなキャラクターっぽくなるよね。どうでもいいけど。

5/31 午前
過去記事再編集のため、一時閲覧できなくなったかもしれません。ごめんなさい。

( ^ω^)系やSSの長編・連載物をどこで分割しようか非常に悩んでます。どう編集するのがベストなんだ…

5/28
本格的に
ネタが
ない


今週は2chの巡回をあまりしなかったから仕方ない。この土日はサイドバー整理に費やそうそうしよう。

5/28
家を出る直前になってサイドバーのopen/closeがきちんと機能してないのに気付いたよ… 帰ったら修正します。

5/27
なんかお茶犬みたいな配色になった。

5/24
テンプレの配色をどうすべきか・・・半年やってんのに未だに悩み中。

5/21
短レスの
ネタが
無い


5/18
大矢監督辞任・・・お疲れ様でした。

5/17
5月の検索キーワード1位が「おこられサロン」です。訳がわからん。

5/16
すぺしゃるさんくすの使い方ってあれでいいんだろうか。英語が苦手すぎて自信がない。

5/13
何もしないでボーっとしてたら5月になってた。死にたい。

これから数日かけてリンクの整理やら改装やらをしたい。更新はちびちびと。


3/25
都合により「web拍手」を一度リセットしました。これまで記事全体で278拍手、ブログとしては32拍手頂きました。ありがとうございます。

・・・って、本来なら自分ではなく2ちゃんねるに書き込みされた方々が受け取るべき拍手なんですけど。

2/10
昨日ユニークアクセス数10万越えました。

いつも見に来てくださる皆様、他のブログ様、そしてなにより2chを利用している全ての方々に多大なる感謝を!

のんびりまったりコソコソ地味に、これからも更新を続けていきたいと思いますので、 今後とも「くるくる羅針盤」をどうぞ宜しくお願いします。


プロフィール

kuru

Author:kuru

詳しくは当ブログについて

管理人へメール

ユーザータグ

野球 



あわせて読みたい

なんか色々

◆ブックマーク


◆RSSリンクの表示
最近記事のRSS

◆はてなブックマーク数
このブログのはてなブックマーク数

◆フィードメーター
フィードメーター - くるくる羅針盤

◆ブログランキング


◆googleページランク
google pagerank

◆web拍手
拍手する

いくつになったの

カウンター

・トータルアクセス数


・ユニークアクセス数


・現在の閲覧者数

Team 2ch @ BOINC

待ち続けている人がいる。
だから僕らは回し続ける。
~まだ見ぬ誰かの笑顔のために~

banner-88.gif
CPUの時間
ちょっとだけ
貸してください
(BOINC Team 2ch Wiki)





クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。